title
2

パリジェンヌ&パリマダムに学ぶ「巻き物」使い

いくつになっても、その時の自分を楽しむおしゃれをしているパリジェンヌ&パリマダム。彼女たちは流行を追って数多くのアイテムを必要としているわけではありません。それでもおしゃれなのは、少ない服でも着まわしや見せ方を知っているから。そこには私たちにも真似できる工夫がたくさんあります。

フランスに留学した経験もあり、『THE FRENCH STYLE BOOK カジュアルで女性らしいパリジェンヌな着こなし』という著書があるくらいパリのおしゃれスタイルに詳しいスタイリストの福田麻琴さんに、今回はスカーフなど「巻き物」のパリジェンヌ流、パリマダム流のそれぞれの特徴と使い方を教えてもらいました。

「パリではスカーフ、ストールを上手に使っている人が多いですね。
巻き方もそれぞれ。羽織っている人や小さくまとめている人。
首もとだけでなく、手首や頭に巻いたり、バッグにあしらったり。
同じものでも変化がつけられるから面白いのです。
巻き物使いが上手になると圧倒的におしゃれの幅と楽しみが広がります」
ー福田麻琴


 from Pinterest 
パリジェンヌ&パリマダムの巻き物使いをお見せします

 パリジェンヌ 

pin1

pin2

・スカーフ柄だとエレガントになり過ぎるので無地やバンダナ柄
・色はブルー、ネイビー、赤など定番色が多い。



 パリマダム 

pin3

pin4

・スカーフ柄でエレガントに
・コーディネートの一部にする


福田麻琴さん流、パリジェンヌ&パリマダムの「巻き物」術をお見せします。


種類豊富な巻き物を思い思いの巻き方で楽しんでいるパリの女性たち。それは年齢やファッションのテイストを問わず同じです。軽やかでハンサム、ミニマルなファッションが好きなパリジェンヌは服のアクセントとして、エレガントで女らしさを楽しむパリマダムたちはどちらかというと服の色と馴染むようにさり気なく…。私たちにも取り入れられる簡単な選び方と巻き方をご紹介します。

 パリジェンヌ 
服のアクセントとして首もとにON

トップス/セント ジェームス パンツ/レッドカード スカーフ/マニプリ バッグ/トゥエルブクローゼット シューズ/スぺルタ

定番のボーダートップスに変化を付けたい時にスカーフやバンダナが便利。バンダナは素材の質感と柄がカジュアルなので、軽快なスタイリングにぴったりです。小さめのサイズも使いやすいのでおすすめ。

まるでチョーカーのように首に巻くだけ。スタイリングにメリハリが出ます。

ポケットの位置が絶妙なデニムはカジュアルなバンダナとの相性抜群。


無地のハッキリとした色がカジュアルのアクセントに

グリーンピンク>¥16000/スローン <ブルー>¥15000/マニプリ(フラッパーズ)


 パリマダム 
服の一部のように馴染ませます

トップス/ドゥーズィエム クラス パンツ/ザ シンゾーン スカーフ/エルメス バッグ/ルイ・ヴィトン シューズ/イザベル マラン

スカーフ柄をエレガントに楽しむのがパリマダム。服の色と馴染ませ目立たせないのがシックな印象にするコツ。巻き方や色づかいに自分らしさを出し、定番アイテムにONすればいつもの服が見違えます。

この泥染めされたエルメスのスカーフはカレンソロジーで購入しました。100%シルクだからできる技。ひと手間をかけることで世界にたったひとつのものになります。パリでそんなおしゃれ哲学も学びました。

足もとはスニーカーではなく柔らかく女性らしいスエードのブーツ。
 

スカーフ柄のエレガントさが品格をプラス

右上・右下>¥2990/プラステ <左>¥18000/マニプリ(フラッパーズ)

服とスカーフの色使いをリンクさせるのがパリマダム流スカーフ術。スカーフのベース色は自分のワードローブにある色を選びます。ツヤのある素材だから顔映りも抜群です。悪目立ちせず華やかさを出せる便利なアイテム。

PROFILE 福田麻琴さん

女性誌を中心に広告、CM、カタログ、タレントのスタイリストとして活動中の2009年にフランスへ留学。1児の母。身長161㎝。Instagram:@makoto087

撮影/目黒智子
モデル・スタイリング/福田麻琴
ヘア&メイク/TOMIE(nude.)
文・構成/金沢由紀子、川良咲子(編集部)

 

 

・第1回「パリジェンヌ&パリマダムに学ぶ「黒」の着こなし」はこちら>>