title
3

パリジェンヌ&パリマダムのトレンチコートの着こなし術

 

真冬の寒さから解放され、春の訪れを少し感じ始めたら街にはトレンチコートを着たパリジェンヌとパリマダムが数多く登場します。思い思いのスタイルで着こなす様子は1枚のトレンチコートの可能性を感じさせます。

ミニマルでスタイリッシュな服を好むパリジェンヌと柔らかさやエレガントさを纏うパリマダム。街のスナップを見ると同じトレンチコートでも着こなしがかなり異なることが分かります。それぞれの着こなしのエッセンスを知れば、トレンチコートのコーディネートの幅をきっと広げられるはず!

フランスに留学した経験もあり、『THE FRENCH STYLE BOOK カジュアルで女性らしいパリジェンヌな着こなし』という著書があるくらいパリのおしゃれスタイルに詳しいスタイリストの福田麻琴さんに、今回はトレンチコートの異なる表情の作り方を教えてもらいました。

「パリの女性は誰もが持っているトレンチコート。
私自身、ベージュのベーシックな定番を素材、
丈の長さ違いで揃えています。
トレンチコートはパリの女性にとってユニフォーム」ー福田麻琴


 from Pinterest 
パリジェンヌ&パリマダムのトレンチコートスタイルをお見せします。

 パリジェンヌ 

pin1

pin2

・軽やかなカジュアルスタイルに仕上げます。
・黒とのコントラストでメリハリあるスタイリングに。

 

 パリマダム 

pin3

pin4

・デニムを合わせてブルー系を楽しみます。
・全体のバランスを図り、エレガントにまとめます。


福田麻琴さん流、パリジェンヌ&パリマダムの「トレンチコート」コーディネートをお見せします。


パリの女性は1枚のアイテムを幾通りにも着こなす術を知っています。だからこそ、少ないアイテム数でも違った印象を作れて、いつも新鮮に見えるおしゃれが仕上がるのです。今回は1枚のトレンチコートをアクティブでカジュアルが好きなパリジェンヌ風、優しくてエレガントな印象のパリマダム風に着分けてみました。

このトレンチコートを2通りに着分けます!

 

「『SANYO』の100年コートの制作チームとコラボで作った、私にとって特別な一枚。定番の形です」(福田麻琴さん)


 パリジェンヌ 
メリハリのある色使いでスタイリッシュに

アウター/サンヨー トップス/シンメ パンツ/ナゴンスタンス 帽子/中田商店 ベルト/J&M デヴィッドソン バッグ¥18000/カレンソロジー青山(宮本工芸) シューズ/ネブローニ

コートの中は、白×黒といったハッキリとした色使いで、トレンチコートが引き立つようにしました。足もと、帽子も黒にしてスタイリッシュに。カゴバッグでさらにカジュアルさを演出します。

ファッションのアクセントになる帽子はカジュアルなキャスケット。黒だからシックに着こなせ、帽子に抵抗のある人でも挑戦できます。 

バッグをカゴにすることでカジュアルな抜け感を。トレンチコートは小物次第で軽やかにまとまります。


 パリマダム 
ブルー系の柔らかな色使いで上品な表情に

アウター/サンヨー シャツ/ドゥーズィエム クラス デニム/ブラックバイマウジー バッグ/ルイ・ヴィトン シューズ/モヒ

上品さが際立つ、ベージュと水色の組み合わせ。ブルーを重ね、柔らかなグラデーションすることでさらに大人っぽさが演出できます。

水色のシャツは柔らかな表情が存分に楽しめる優秀なアイテム。ブルーデニムと重ねて品よくまとめます。

ブルー系の服との相性が抜群なのはベージュ系の小物。小物をベージュ〜ブラウン系でまとめれば、優雅で優しいマダム風のスタイルになります。

PROFILE 福田麻琴さん

女性誌を中心に広告、CM、カタログ、タレントのスタイリストとして活動中の2009年にフランスへ留学。1児の母。身長161㎝。Instagram:@makoto087

撮影/目黒智子
モデル・スタイリング/福田麻琴
ヘア&メイク/TOMIE(nude.)
文・構成/金沢由紀子、川良咲子(編集部)

・第1回「パリジェンヌ&パリマダムに学ぶ「黒」の着こなし」はこちら>>
・第2回「パリジェンヌ&パリマダムに学ぶ「巻き物」使い」はこちら>>