もんすん77さんからの質問

Q. デリケートゾーンのにおいが気になります。お手入れの仕方を教えて下さい


この頃、デリケートゾーンのにおいが気になります。自分で気になるということは、まわりの人も気づいているのかと思うと、心配でなりません。どのようなお手入れをすればよろしいでしょうか?



アヴェニューウィメンズクリニック・福山千代子先生の回答

A. おりものに異常があれば専門クリニックへ相談を


40代半ばになるとご自身で「においが変わってきた」と感じられる方が多く、クリニックに来院される方も年々増えています。「におい」の原因はさまざまですが、主な症状は「細菌性膣炎」です。その名の通り、細菌が膣内に入り炎症を起こすという病気です。おりものが増えたり、においが強くなるといった症状があらわれます。細菌性膣炎は性交渉だけでなく、公共の施設(プールやスーパー銭湯)などでも感染する可能性があります。

細菌性膣炎になりやすくなる原因のひとつに「膣の老化」があります。膣の萎縮、つまり膣の粘膜が薄くなると、細菌が膣の中に入りやすくなるのです。細菌性膣炎になってしまったら、抗生剤の膣錠や内服を行いますが、まずは健康な膣の状態を保つことが大事とされています。

アヴェニューウィメンズクリニックでは膣の老化(委縮)ケアに「モナリザタッチ」をおすすめしています。膣の「乾燥」「性交痛」「かゆみ」「におい」などは、1回の膣レーザーでも効果を感じられます。
 

また、排泄後のケア方法も大切です。「下着ににおいがつく」という悩みは、排泄後の尿の拭き方を間違えているからでもあるのです。
陰部の皮膚は目のまわりと同じくらい薄い構造でできているため、“押し当てる”程度でOK。ペーパーを陰部に押し当てて、尿をしっかり吸い取ることが大事です。

また、おりものシートや尿もれパットを活用するのも良いでしょう。ですが、ここでも注意が必要です。菌が繁殖するとムレの原因=においの発生になるため、きちんと交換することが大事です。


それでもにおいが気になるという方には、持ち運びのできるケアアイテムをご紹介しています。私が監修に携わった「VBKミスト」はウイルス、カビ、細菌の繁殖を元から抑えるニガヨモギエキスを配合。デリケートゾーンのにおい、おりもの、生理時のムレの他、ワキや頭皮などのにおい対策におすすめです。
 

ペーパーに数回吹き付けてから気になるところを優しく拭き取って。 VBKミスト 20mL ¥2000(税別)/アヴェニューウィメンズクリニック お問い合わせ先/アヴェニューウィメンズクリニック tel. 0120-766-649


また、ハナミスイの「インクリア」もおすすめです。膣に乳酸配合ジェルを注入、膣環境に配慮した膣洗浄器です。においやおりもの、生理の終わりかけの不快感を軽減する膣ケアのベーシックアイテムです。

1日1本、においが気になる時の新エチケット習慣。 インクリア 3本入り ¥1200(税別)/ハナミスイ お問い合わせ先/ハナミスイ tel. 0120-126-142


においなどの「目に見えない」悩みは相談しづらいですし、「いつか治るだろう」と思いがちです。ですが、40代、50代は体の変化があるものだと心得てください。健康を維持するためには、些細な変化も見逃さず、専門医に相談することをおすすめします。

PROFILE
  • 福山千代子先生・アヴェニューウイメンズクリニック日本産科婦人科学会専門医、日本産婦人科学会所属、日本女性心身医学会所属。
    更年期障害を専門に、あらゆる世代の女性のお悩み解決に努めるドクター。 2009年11月、六本木の「アヴェニューウィメンズクリニック」院長に就任。ホルモンが大きく変化する更年期に身体的、精神的に多様化する悩みに合わせて、ホルモン補充療法、漢方薬処方、更年期 点滴などさまざまな角度からアプローチを行う。
    この人の回答一覧を見る
 取材・文/長谷川真弓 

 

ビューティのお悩み回答者一覧