いつものコーディネートに1点足すだけで、程よいカジュアルダウンが可能なクラッチバッグ。カッチリした大きめバッグとはまた違う、リラックス感と遊び心が魅力です。様々な種類があるなかで、ミモレ世代が選ぶデザインとは? 大人のこなれ感に欠かせない、クラッチバッグを取り入れた着こなしをご紹介します。

『クラッチバッグでこなれコーデ50』を一挙に見る>>

 

シンプル&モードなグレー 旬の夏メイクにも視線集中!

 

NAOKO'S コメント


メイクも艶っぽくて涼しげで良いですね!!! 服の色を無彩色にして色味を絞ったのも、メイクを引き立てていますね。

『クラッチバッグでこなれコーデ50』を一挙に見る>>


秋の気分が盛り上がるクラシックなグレンチェック

 

NAOKO'S コメント


上品でかつ遊び心のあるスタイリングです。レタードのクラッチが、正統派の美しさを、パーフェクトなバランスでくずしていますね。

『クラッチバッグでこなれコーデ50』を一挙に見る>>

ハイライズボトムに合わせる小物は?

 

NAOKO'S コメント


きれいな骨(笑)。鎖骨や手首の、華奢で美しい部分を、意識して見せるだけで、こんなにシンプルがドラマティックになります。デコルテをぐっと開け、ハットをオン。肌の見せ方もとてもお上手です。

『クラッチバッグでこなれコーデ50』を一挙に見る>>
写真一覧の一番上の写真をタップすると、元の記事へ飛びます

【40代コーデ】一覧ページをみる>>

おしゃれのヒントは、やっぱり街にある「SNAP! SNAP!」はこちら>>

「今日なに着よう」が見つかる「なに着る?検索」はこちら>>

着こなしのトレンドがわかる「今日、なに着てる?」はこちら>>

大草 直子

大草直子
1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。2015年1月よりWEBマガジン「mi-mollet(ミモレ)」の編集長、2018年7月には、ミモレのコンセプトディレクターに就任。 近著に 『大草直子のSTYLING &IDEA』(講談社)がある。プライベートでは3児の母。