休日に着たいのは、どこか抜け感のあるリラックススタイル。でも、くだけすぎず、大人ならではの清潔感も欠かせない。オフィスでは少し難しいカジュアルなアイテムを上手に取りいれておしゃれを楽しむ50人の休日スタイルをご紹介します。

『休日に映えるリラックススタイル50』を一挙に見る>>

 

 

休日ならではの着こなしで友人のホームパーティへ

 

NAOKO'S コメント


シンプルでシャープな色使いに、しなやかな素材を選ぶと、清潔な色っぽさが香りますね。

『休日に映えるリラックススタイル50』を一挙に見る>>


休日のリラックススタイルをほっこりさせないコツは「肌見せ」と「ボリュームアクセ」

 

RITSUKO'S コメント


人気のオーバーサイズのシャツは、マキシ丈のスカートを合わせたバランスが今年っぽくて新鮮! デコルテを大胆にあけたり、手首を見せたり、上手に抜けを作って軽やかに着こなしていらっしゃいます。こっくりとしたブラウンレッドを取り入れることで、爽やかになりすぎず、大人の余裕を感じさせる配色だなと思います。

『休日に映えるリラックススタイル50』を一挙に見る>>


色使いもシルエットも! 休日のお手本カジュアル

 

NAOKO'S コメント


セリーヌのスカートがお似合いですね~。スレンダーな体型で、タイトフィットな服が映えます。スカート、バッグ、サンダル――全身に散った「黄色」が元気なアクセントになっています。

『休日に映えるリラックススタイル50』を一挙に見る>>
写真一覧の一番上の写真をタップすると、元の記事へ飛びます

【40代コーデ】一覧ページをみる>>

おしゃれのヒントは、やっぱり街にある「SNAP! SNAP!」はこちら>>

「今日なに着よう」が見つかる「なに着る?検索」はこちら>>

着こなしのトレンドがわかる「今日、なに着てる?」はこちら>>

大草 直子

大草直子
1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。2015年1月よりWEBマガジン「mi-mollet(ミモレ)」の編集長、2018年7月には、ミモレのコンセプトディレクターに就任。 近著に 『大草直子のSTYLING &IDEA』(講談社)がある。プライベートでは3児の母。

大草 直子

望月律子
1975年8月15日生まれ。アシスタントを経て、独立。現在は、女性誌、カタログなど幅広く活躍中。ベーシックな定番アイテムでこなれ感を出すスタイルが得意。自宅インテリアなどへの取材も多い。