title
29

「何よりも自分らしくいられるものがいちばん」【スタイリスト室井由美子】

 

Yumiko Muroi /真似しやすいベーシックなアイテムを使いつつも、しっかりとトレンドをおさえた等身大のおしゃれセンスが人気。雑誌をベースに、ブランドプロデュース、スタイリングイベントなど活動の幅を広げている

 

誰にでもあるコンプレックス。コーディネートでもついそこを隠すことばかりに比重をおいてしまうことも。今では等身大のおしゃれが人気を集めている室井さんにも、かつて「取り繕っていた」時期があったのだそう。そんな経験を経て、自分のいいところに目を向けられるようになった今、スタイリストという仕事を通して伝えたいこととは?

室井由美子さんの写真一覧はこちら>> 


自分のいいところを生かせば、おしゃれはもっと楽しくなる


コンプレックスではなく、自分のいいところに目を向けられるようになったら、おしゃれは楽しくなると思っています。そのことに気づいたのは、30歳になるくらいの頃。20代のときは高いヒールしか履かず、「フラットシューズなんてありえない !! 」とさえ思っていました。
 
でも、年齢を重ねるにつれ段々と仕事が忙しくなり、本当にがむしゃらに働いていた時期があったのです。そのときは、ヒールを履いて髪をきれいに巻いて、と自分を取り繕う余裕がまったくありませんでした。あるとき、もう「ありのままの自分でいいやっ」と思いまして。そのくらいの時期から、自分のコンプレックスをどう隠すかではなく、自分のいいところにもっと目を向けて、それを生かすような服装をすればいい! と考えるようになってきたのです。

  • コート/ブルーバードブルバード トップス/MS3 パンツ/アッパーハイツ  バッグ/ジミーチュウ、L.L.Bean スカーフ/マニプリ 靴/チャーチ 
  • シャツ/ドゥロワー スカート/オーガニック ジョン パトリック バッグ/J&M デヴィッドソン スカーフ/キンロック サンダル/ジャンヴィト ロッシ サングラス/セリーヌ
  • カーディガン/ハイアリン シャツ/ドゥロワー パンツ/ドゥロワー バッグ/J&M デヴィッドソン 靴/ラ テナーチェ

室井由美子さんの写真一覧はこちら>> 

  • 1
  • 2