ついつい配色がシックになりがちな秋冬こそ、きれい色ニットの力を借りたいところ。明るい色を選べば顔映りもよく、印象がグッと明るくなります。ジャケットやトレンチコートなどの羽織りもので見える分量を調整すれば、気負わず取り入れられるはず。おしゃれ達人たちのきれい色ニットの着こなしをご紹介します。

 

【写真】『カラーニットの着こなし50』を一挙に見る>>

最旬!ビビッドなパープル×ベビーピンクのカラーコンビ

 

NAOKO'S コメント


こんなふうにセクシーでエレガントな着こなしができたら!  日本人には難易度が高いパープルも、ボトムスで取り入れるのが正解ですね。

【写真】『カラーニットの着こなし50』を一挙に見る>>

マスタードイエローでジャケットスタイルを更新

 

NAOKO'S コメント


わたしも、このジャケット狙ってます(笑)。シンプルでボーイッシュなのに、いまっぽくて女らしいスタイルですね。

【写真】『カラーニットの着こなし50』を一挙に見る>>

クリーンな色合わせなら軽やかさも好感度も手に入る

 

NAOKO'S コメント


ドレスコードを守りながらの自分らしさと、気分が上がる工夫が素晴らしいですね! バニラ色のパンツが爽やかで柔らかで、女性らしくて、その日の予定に必要な全てのテイストを満たしています。

【写真】『カラーニットの着こなし50』を一挙に見る>>

ほかの【40代コーデ】を見る>>

おしゃれのヒントは、やっぱり街にある「SNAP! SNAP!」はこちら>>

「今日なに着よう」が見つかる「なに着る?検索」はこちら>>

着こなしのトレンドがわかる「今日、なに着てる?」はこちら>>

大草 直子

大草直子
1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。2015年1月よりWEBマガジン「mi-mollet(ミモレ)」の編集長、2018年7月には、ミモレのコンセプトディレクターに就任。 近著に 『大草直子のSTYLING &IDEA』(講談社)がある。プライベートでは3児の母。