こんにちは!

今年の冬のセールは、あれこれ色々買ったような気がするのですが、実はハーフブーツも買いまして。

Heschungっていう靴ブランドを皆さんはご存知ですか?

私はボンマルシェ の靴売り場で見て、「へしゅん?なんだかアジアっぽい名前だわ〜」なんて思っていたのですが、実はアルザスのブランドでした!

お、いいかなと思ったデザインのものがあったため、むむむ、そもそもどんなブランドなんだ?と思って調べたのですが、ブランドは1934年創業。

工場は今も北アルザスの静かな町にあり、創業者のユージーン・エシュン(アジアっぽい名前と思ってたけれどフランス人だった。汗)が、山岳労働者用の作業ブーツを作り始めたのが始まりだそう。

世界で初めて革のスキー靴もこちらが手掛けており、防水性にも優れるリバースウェルト製法のノウハウを生かした内容は、とても高い評価を受けたとか。

エシュンで使われるのはイタリアやフランスでなめされた天然皮革だけで、紳士靴の最高峰と言えるジョンロブのOEMも受けているそうです。

えー、John Lobbの?!

そこでにわかにテンションあがっちゃいました。だってジョンロブって言ったら、20万円とか当たり前にする靴ですよ?

そもそもなんでハーフブーツを探していたかというと、今持っているなんちゃってジミーチュウっぽい、何にでもあわせやすいハーフブーツがボロボロなので、代わりを買いたかったのです。

なので似た様なジャンヴィトロッシのものを試してみたりしたのですが。

うーん、ガブっとしていて、なんか違う?

当初の思惑とは違うのですが、もう歳も歳なんだから、綺麗な靴を履こう。と、心を入れ替えてHeschungのハーフブーツに心を決めました。

で、買ったのがこちらの、こっくり深いボルドー色のクウォータブローグ。
横顔はこんな感じ。ソールがラバーなのでガシガシ使えそうなところもいい。

履き口がなかなか硬めなのですが、そのうちよくなるとのこと。

やはりちびっこなので、ピシッと細身の方がバランスが取りやすいかな。

何となく、J.M.WESTONのような「靴を育てる」感がある様で、楽しみなような、本当に私がそこまで忍耐強く待てるのか。。

今はまだ全然わかりませんが……、とりあえず最初は、近所でちょっとずつ慣らしてみようかな。