子どもが生まれてから、おやつはスーパーで買える物か、余裕がある時は手作りの物が多いです。結婚するまでは、頂き物の多い家族と一緒に住んでいたこともあり、有名店の和洋菓子にも慣れ親しんでいました。でも、生活パターンの変化もあり、とにかく子どもはたくさん食べる(!)ので、今の方式になりました。

ドーナツは、とにかく材料を計らずに作ります。目分量。ひと休みするために作るんだし。その時々によって、家にある小麦粉、全粒粉、米粉、砂糖(少なめ)、ベーキングパウダー、卵、バター、牛乳、豆乳、一保堂の抹茶、くるみ、ごま、溶けない粉糖など、良さそうな組み合わせで適当に。子どもがもっと小さい時は、人参をすりおろして入れたりして、少しでも野菜を食べてくれるようにしていました。

 

寒い時期には、圧力鍋で小豆を煮て、冷凍保存します。これも、自分でお砂糖を少なくできるのが、とても好き。

 

ホットサンドや焼きおにぎりも作れる機械で、ワッフル。子どもにせがまれると、富澤商店でワッフルの粉を買ってきて作り、バナナや生クリームなどをトッピング。

さて、ブロガー・ミーティングに応募して下さった皆さま、ありがとうございました。延期となり残念ですが、お元気でお過ごし下さい!