徒歩圏内に空いている公園が複数あるので、キャッチボールやバドミントンなど、子どもと色々しています。モンベルのフリースは夫のお下がり。

私の母は三人姉妹で、戦後すぐから都内の三軒茶屋のエリアに住んでいました。真ん中の叔母が、第一次ベビーブーム世代で、私にもよく語ってくれたのが、小学校は一時期、午前と午後の入れ替え(二部)制だったこと。教室の数に対して、子どもの人数が多すぎたのです。「午前中は家に居て、登校すると、いきなり給食だったのよー」と言っていました。

今般、休校措置が議論される中で、一斉登校、一斉休校、短縮日課というほぼ三択しか検討されていないような気がします。ここまで来たら休校継続にも納得はできるけれど、いずれ自治体の状況によっては、公共交通機関を利用しない通学の場合、こうした二部制あるいは間引き登校のような柔軟な措置があっても良いのでは。35人のクラスであれば、月曜日に出席番号1〜7番の子たちが登校するとか。火曜日は8〜14番、というように、教室を広々使って3密を避けつつ、学校には細々とでも繋ぎ止める。教職員も交代で。

専門家会議には呼んで頂けないだろうから、自分の考えを整理しがてら、ゆるく発信。