新しい生活様式が始まり、季節もいつの間にやら初夏に突入しましたね。

 


もう少し暑くなると、すぐに傷んでしまうので存分に今の花を楽しんでいます。このカラー、日本のカラーと少し形が違うでしょ。エクアドルの国花なのですって。褐色の肌にこの真っ白な花はとても似合いそう!

いよいよ、学校も始まり、またお弁当生活も始まります。
この数か月、朝のバタバタから離れていたので、ちゃんとできるのかしら汗
気合を入れて朝早く起きなくちゃ!と思われている世のお母さんも多いのでは。私も同じくです。頑張ろう!エイエイオー!←昭和の気合と言えばコレ!笑

これから、たくさんのしたいこと、しなくちゃいけないこと、頑張ろう!という気持ちでいっぱいなのですが、それとは裏腹に、だんだんと若い頃のように頑張れない身体の仕組みにもどかしさを感じている42歳(あと2週間で43歳)の現実。

実は、もうずっと前からPMSに悩まされていて、生理前の頭痛、そして倦怠感が毎月の恐怖。
ここ数か月は身体を動かしていないせいなのか、生活が制限されたり変化したことでのストレスからなのか、症状がとても重くて。
鎮痛剤を何回飲んでも効かない頭痛と、座っているだけでもつらい倦怠感に困惑しておりました。
薬が効かないというのは本当に困りもので、職場でも皆に迷惑をかけないようにと思っても、見かねて助けてもらうことがたくさん。
家事もつらいし、ご飯を作るのもままならない。
したいことや、しなくちゃいけないことができないというのはとてもストレス。

そこで、ついに婦人科の門をくぐりました。

 


初めてのピル。これを3か月飲み続ける(正確には21日観服用して7日間休むを3回繰り返す)ことで8割の方がPMSの症状の緩和が見込めるそうなのです。
私には娘がいないので知らなかったのですが、中学生の間に生理不順をこれで治しておくことで将来的に不妊の原因になることが防げるのですって。服用している子は少なくないそう。

秋にはこのつらい症状が治まることを祈って、毎日服用します。
また、経過や結果もシェアしますね~^^ 

それでは今日も素敵な1日を!