皆さんこんにちは!

今年の夏は長雨が続き、その後は猛暑というか酷暑。それはそれは外で作業をする人達にとってはつらい日々でしたね。この暑い中、道路など工事があってたくさんの作業員の方が仕事をされていました。車から見ているだけでも大変そうで思わず頭を下げてしまいました。

農業も大変です!今はそのほとんどを義親さんがしているので私はいいとこどりばかりで申し訳ないです。いつもお義父さんが汗をびっしょりとかいて農作業をしている様子を見て本当に頭の下がる思いです。

いつもダラダラとした日々を過ごす夏休みのある朝。出動要請が来ました。「暑くなるから朝の早いうちから芋ほりすっぺ」

頼られると何気に嬉しく(笑)張り切って出勤(笑)子供たちにも言うと誰も行きそうにない中、娘はおこずかい貰えるかも!!という腹黒い考えをもって私についてきました。最近の暑さの中では比較的控えめな暑さだったので、手袋をして長靴をはき手拭いを巻いて!帽子をかぶる!(とても写真にはできません!(笑)

じゃがいもは本当はもっと早めに掘りたかったのだけど土が乾いていないと掘り出しにくいため、うまくタイミングが合わず。乾いたと思うと雨が降るの繰り返しで掘れなかったー。(これはお母さんが話した言葉を標準語にして書いてみましたが、今度は置賜弁で書いてみようかな??)

じゃがいもは2列!お義母さんと娘が1列、私が1列掘ることに。あ、齊藤家は出荷をしている作物は、お米やアスパラなのですが、家で食べる分程度の野菜を作っています。(家庭用というけど出荷できるような大きさでもあるような(笑)ここで出来た野菜は家庭用と、お米などを買っていただいたお客様におまけでつけたりします。

一つ目の畑

こちらの小さい区画には、ネギ、ピーマン、トマト、ナス、シソ(これは飢えてるというより勝手に出てくる?)みょうが、唐辛子、ししとうなど・・。

じゃがいもほりに戻ります。お義母さんは鍬をつかってほり出てきたジャガイモを娘が取り出す。私は手で掘ってじゃがいもを掘り出す。(私は鍬がうまく使えません!)

手はほとんど動かさないで歌ったり、暑い暑いと文句を言っている娘。私は短期集中。しかも終わりが見えるから(1列のみだし)なんか気合が入りまくってサクサク掘り出す!結構大きい芋もあって収獲の喜びを味わいまくっていました。

しかし、掘っているうちに強烈な悪臭が漂ってきて・・・「えっ??」と思うと、とろろ芋をすったみたいにトロトロなじゃがいもがーーーーー。「うわーーーなんだこれ??」

「腐ってんだ、なげてけろ!(捨てて)」掘り進めていくとかなりのじゃがいもが腐っていました。あと、場所によってすごく大きなじゃがいもの時と、あまり芋がない場所もあって。なんでこんなに腐った芋があるかというと、それはこの長雨と酷暑のせいだそうです。確かにスーパーに行ってもお野菜がとても高いですよね。

娘がくっせーだの、暑いーだのうるさくて全くはかどらないでいたら、お義父さんが自分の仕事を終えて参戦。そして空を見て「雨がちかづているから早くおわすべ!(終わらせよう!)」私は本当にこちらに来てびっくりするのですが、雨のにおいがするとか、雨が近づいてるとかわかるのです!!すごくないですか??

でも最近私もわかるのです(笑)空が広いので雨雲があるところの下の部分が曇っていて、そこは雨が降っているのです。広い空と大地が見えると、わかるんだなって最近わかるようになりました(笑)この日雨雲は本当に私たちの畑のそばまで来て少し雨が降りましたが、なぜかまた戻っていきました。そのおかげですべて収穫を終えることが出来ました。たぶん日頃の行いがよいから(笑)

そして私が掘り終わった列をお義父さんがスコップで掘り返すと、沢山のじゃがいもが出てきました(笑)まだまだですな(笑)

それではまた!!