寒くなってくると、今まで以上に楽しみなのが、お風呂時間。

 


毎年、冬が近付くと、バス用品の種類を増やし、入浴剤や、ヘアケア、ボディケアアイテムを充実させます。

コロナ感染拡大でストレスも溜まる中、お風呂のリラックスタイムは、今、私にとって、最優先のルーティンとなりました。

これまで様々なバスアイテムを試してきましたが、今回は、長く使い続けているもの、新しく使っって見て良かったものをご紹介しようと思います。

まずは長年使っているものの代表格は、「バス枕」

 


今ネットで数千円で簡単に手に入ります。、湯船に浸かって、枕に頭をもたげる時の幸福感は、何にもかえがたいものが、、笑、、。
楽な姿勢で、しっかり温まることができるので、我が家では、バス枕は必需品です。

次に、バスオイル、バスソルト、そしてバスジェル。

まず20年近く愛用しているのが、フランス・シスレーの「オードカンパーニュ」シリーズのバスオイル。(これはたまたま今年の初め、パリのホテルで撮影したイメージ写真、、自宅ではありません笑)

 

 

 


初めてこの香りを嗅いだ時に感動、、庭園の花々やハーブを両手いっぱいに摘んでそのまま湯船に浮かべたら、きっとこんな香りがするんだろう、、と妄想できる香り。
本当にナチュラルでフレッシュな香りがお風呂いっぱいに広がり、疲れが吹き飛びます。

次にバスソルトですが、やはり、大好きなのはイタリア・サンタマリアノヴェッラの「ザクロ」

これはたまたま先日、知り合いから頂いたプレゼントの写真ですが、この左側の、円柱の箱に入っているのがバスソルト。

 


初めて出会ったのは20年近く前、ミラノの本店で。ミラノに住む親戚に教えてもらったブランドで、当時日本には未だ入ってなかったような。
とにかく容器がどれもおしゃれで、化粧水も石鹸も何もかもの香りがヨーロッパ的。特に、バスソルト「ザクロ」のリッチで印象的な香りの虜になり、
ずっと定番として、使い続けています。今では日本でも購入できるので安心です。

ボディ用で最近使い始めたのは、フランスの老舗ヘアケアブランド、ルネフルトレールから出ている、ボディー用の「5センスシャワーオイル」

 

オレンジ色の美味しそうな色も魅力です。(左の箱は、ヘア用のパックでこれも優秀)
洗浄用のオイルベースのものは初めて使ったのですが、洗い上がりがしっとりツヤツヤの肌になり、大満足、、乾燥しがちな冬には本当にオススメです。

もう一つ、最近使い始めたのが、シスレーの「イジィア バスアンドシャワージェル」と「ボディーローション」

 


この「イジィア」のローズの香りは、人工的なローズ系のものとは一線を画す、生の薔薇そのもののナチュラルな香りで、このジェルやボディローションを使うと、後から入る家族が決まって「あーなんかいい香りがするーー」と呟く好評のアイテム。
これも我が家の定番に仲間入りすることになりそうです。

ところで、お風呂アイテムの主導権は大体私が握っていて、夫もそれに合わせているのですが、、、こないだ私が出張後に帰宅し、お風呂をのぞいたら、、そこにはバスクリンの袋が、、。
「あれ、、シスレー、もうなくなった?」という私に、夫は
「シスレーもいいけど、、、、僕は本当はバスクリンが一番好き、、、コンビニで買ってきた、、一人のときはええやろ、、」と今頃、初告白するから、思わず吹き出しました。
「そうだったんだ、、、もちろん、私もバスクリン、嫌いじゃないよ、、、懐かしい感じだし、、、、」

ということで、今年から夫の好みも取り入れ、入浴剤は、バスクリンも週一でレギュラー入りとなりました笑

皆さんは、どんなお風呂時間をお過ごしですか?お気に入りのアイテムあれば、教えてくださいね!