今回は、断捨離のお話です。

 

この10日間、仕事がある日もない日も、「一人大処分祭り」を開催し、毎日、使っていないものをどんどん処分しました。


少し前のことですが、朝起きると、頭痛、肩こり、体のだるさなどの不調が、日替わりで出てました。まあ、季節の変わり目だから仕方がないかなあ、、と気にしないようにしていたのですが、そんな中、、あるミニマリストの方のYouTubeチャンネルで、モノを処分したら体調が良くなった、、という内容が。
一般的によく言われることで、初めて聞いた話ではなかったのですが、この時だけ、なぜか私の心が反応しました。

「モノを処分したら頭痛がとれるかも、、、」

これまでも断捨離は、時々やってはいたのです。でもゆるーく現状維持程度。
そこで、、
「よし、中途半端でなく、とことん処分してみよう!」と、心の声に従ってはじめてみました。

ということで、この10日間の「大処分祭り第1弾」で処分したものは次の通り。

洋服77着
靴24足
雑誌と本、100冊前後
CD約250枚
コスメ関連、50点以上

例えばメイク関連のものは、普段使いに関してはトランクに収まる分に絞り込みました。

 

このヴァニティトランク、これまでお茶道具をいれていたのですが、それらを出して、お気に入りの柄の敷き紙を敷き、厳選して毎日使うものを収めました。他は、この蛇腹の棚にキープ。

 

ぎっしりのCD、雑誌類も、思い入れの深いものを除いて、さようならです。

 

(本は、難民協会に寄付する仕組みに参加しているので処分はしませんでした)

仕事柄、洋服の数がすごく、、もちろん処分は定期的にやってはいるのですが、今回は、新品同様のものも含めて2年着ていない物は思い切ってサヨナラしました。ブランド品も、とほほ、、涙を飲んで、、、。

 
 

いやーー、自分なりに、とことんやると想像以上に楽しくて、本当にさっぱりしました。スペースがどんどんできていく快感って、あらためて良いものだなあーーって。

そして、今回挫折せずに楽しめたのは、自分に課した3つのルールのおかげかなと。

1、売るとか、人に差し上げるとかは一切考えず、スペースと時間を労力を優先して、全て、そのまま処分する

2、頑張りすぎず「もう一息」と思ったところで、まめにコーヒータイムをとる

3、処分するとき、「これまでありがとう!」「お役目を与えられなくてごめんなさい」と声がけをしながらゴミ袋にいれる

このルール、私にはかなり効果がありました。判断に疲れて途中でやめないため、また、モノに申し訳なくて罪悪感に苛まれないために、このルールに従ってよかったです。


さらに、処分をすればするほど、あー不思議、頭痛が取れ、肩こりもなくなり、体調がどんどん良くなっていっているのに気づいたのです。

 

家の中にある存在を忘れられたものたちは、「なんで無視するの、、こっちを向いて、、役割がないなら、解放して、、」と、ふてくされた気を放っている、だから処分したほうがいいと、以前どこかで聞いたことがありましたが、そのことをあらためて実感した次第。
今回のお祭りは、体調が良くなったと感じられただけでも大正解でした。

そして、日に日にコーヒーもより美味しく感じられて、いいことずくめ。

 


コーヒータイムのYouTubeチャンネルの撮影も楽しく、、、
あ、先日の投稿、がこちらです。

https://youtu.be/s2fnUMWpWYs

朗読のテーマ「紹介してくれた人を忘れない」も、ぜひご覧いただきたい内容です。

そのうち、キッチン周りの大処分が、終わったところで、YouTubeでルームツアーでもやってみようかなと思っています。

ちなみに、15年前に出版したライフスタイル本「ありがとうの届け方」で、キッチンで撮影した写真がこちら。

 
 

当時はモノが少なかったなーと。
この頃に少しでも近づけるよう、第2弾の大処分祭りも、楽しんでやろうと思っています。

また報告させてください!!

みなさんが、最近処分してよかったものは、どんなものですか?

 #断捨離 #片づけ