10

薄毛が気になる大人がやってはいけないNGスタイリング

 

丁寧にブローしたのに、仕上がりがもの足りない……そう感じることってありませんか? 「髪のボリュームがない」「地肌が見える」など髪の悩みを抱えていたら、今のスタイリングを見直してみて! 「薄毛見え」を防ぐ、大人がやってはいけないNGスタイリングとケア方法を紹介します。

 


NGスタイル①
まっすぐセンターで分ける


お風呂に入る前に軽くブラッシングするのがおすすめ。髪のからまりをほぐし、頭皮や髪の汚れを浮き上がらせることが目的です。しかも、適度な圧をかけられるのでマッサージ効果も。髪や頭皮を傷めつけないブラシを使ったブラッシングは習慣にしてほしいですね」(ヘアメイクアップアーティスト・ロッセットの千葉智子さん)。
皆さんもぜひ、ブラッシングの見直しを。

「分け目を作ると、女は一気に老け込みます」というのはヘアライターの佐藤友美さん。中でも、年齢を感じさせる「分け目」のスタイリングは、見た目の印象を大きく左右すると言います。

薄毛の悩みといえば、「トップのボリュームがない」ことで、その原因は「分け目」にあるとか。
「いつも同じ位置で分け目を作っていると、髪にクセがついて根元のボリュームもなくなってしまいます。また、分け目が『あぜ道』のようにくっきり出ていると、紫外線が頭皮や髪にダメージを与えるのでしっかりケアしたいですね」(佐藤友美さん)。

まずは分け目をぼかしたり、1ヶ所に定着させず逆サイドに変えるなど、「分け目を作らない・見せない」工夫を。髪の根元も立ち上がるし、いつもと違った印象にもなるので一石二鳥ですね。

分け目をジグザグに分けるだけで、髪の根元に動きが出て分け目が目立ちません。最初はくしの先端などでライン取りすると簡単。


NGスタイル②
まとめ髪をする時に生え際の髪もギュッとまとめている

 

もうひとつ、大人女性の盲点として「生え際」を見せるのもNG。
生え際は「特に悪目立ちして見えるパーツ」とも言われ、分け目と同様、「老け」の原因でもあるのです。
大人のアップスタイルは、髪の生え際を見せないスタイルが基本。前髪があると生え際が隠れ、さらに小顔効果も期待できます。

また、こめかみから耳のサイドの髪を束ねると地肌が見えたり、髪の生え際の白髪が薄毛に見えてしまうという悩みも。
そんな時は「隠す」テクニックを覚えておくと便利。リタッチアイテムをひとつ持っていると、いざという時に安心ですね。

(左)ウエラのリタッチコンシーラーは専用のブラシを使って白髪部分をささっとリペアするだけ。パウダーの密着感といい、ふんわりと仕上げてくれるブラシが秀逸。 ウエラトーン リタッチコンシーラー 全2色 ¥1650(編集部調べ)/HFCプレステージジャパン(ウエラ)
(右)もともとは小顔見せのシェーディングとして開発された商品ですが、分け目やこめかみあたりの地肌見えもさりげなくカバーしてくれるフジコのユニークなアイテム。 フジコdekoシャドウ ¥1815/かならぼ