大処分祭り第2弾も、思うように進まず、
大学の資料作りも、会社の事務処理も、、ああ、
何もかもやりたくない、、、今日は、どんなにハッパをかけても、一向にエンジンがかかりません。

以前の私なら、自分を追い込みながら無理やりこなすのが常でしたが、最近は そういうのでストレスを溜めるのをやめました。

「今日は何もやらない、明日がある!!!」

と一人宣言をしたら、途端に気分が楽に!

スマホから離れ、コーヒー淹れてソファに座ったら、しばらくして「ピンポーン」、注文して楽しみに待っていた雑誌が届きました。

 

それは「STANDART」というコーヒー雑誌。数日前に定期購読の申し込みをしていたものです。アーカイブも一緒に頼んでいたので、2冊同時に来ました。どんな雑誌かというと、「コーヒーやそれを取り巻くカルチャーを愛する人たちと、コーヒーを仕事にする人たちとをつなぐ架け橋のような存在〜〜〜コーヒーにまつわる物語を、確かな情報とともに新しい視点でお届けする〜〜」(本誌の文章を抜粋)とあります。

 
 

最新号のテーマは、ペットとコーヒー、猫カフェはカフェなのか、コーヒー生産地としての日本についてなどなど、興味深い特集がたくさん、そして、写真がとってもおしゃれ、、ぼーっと眺めているだけでも癒されます。

 


やる気の出ない今日の私の気分を最初から察していたかのように、今日届いた「STANDART」
また嬉しいことに、定期購読者向けに、コーヒー豆がついてきました。幸せなプチサプライズってこういうことですよね。
あとでゆっくり試飲するのが楽しみです。

雑誌「STANDART」で心地よくコーヒーの世界を旅していたら、再び「ピンポーン」「国際郵便です」

届いたのは、イギリス在住の友人からの贈り物!!包みを開けると、私が世界中で最も好きな、英国王室御用達ブランド「スマイソン」
の箱ではありませんか、、、、

 

リボンを解いて箱を開けると、そこには、美しいブルーに紺の縁取りがされたカードに、NOBUKO TSUTSUMI の刻印が、、
なんと、友人が、文具好きの私のためにロンドンにあるスマイソンの本店にオーダーして送ってくれたのです。

 


スマイソンの文具や革製品は、色々とコレクションしているのですが、、「いつかロンドンの本店で名入りのカードオーダーができたら、、、」というのが私の長年の夢でもありました。
それが、それが、こんなビッグサプライズで叶うとは、、、、2つ目の幸せにニコニコが止まりません。

まもなく帰国する友人ですが、添えられていたお手紙も、温かく美しい文章、、手書きのお手紙って本当に心にしみますよね。
私もこれから、この美しいカードに似合う万年筆を選んで、ペンを走らせようと思います。

ダニエル・パウターの曲「BAD DAY」さながらの憂鬱な今日が、「何もやらない!!」と心に決めた瞬間に、嬉しいことが次々と。
思い通りにいったりいかなかったり、サプライズがあったりと、毎日の暮らしって、予期せぬことも色々あるからこそ面白いのですね。

今日はとりとめのない日記のような投稿となりました。


そして、一人で録音しスマホ一つで編集しているYouTubeチャンネル「堤信子のありがとう上手の習慣=〜代官山のキッチンから」も、なんとか続いています。
今回は、シリコンでできた小型コーヒードリッパーのご紹介や、

 

香辛料をふりかけるだけで、北欧風になるトーストをご紹介しています。
朗読は、第23話「旅先から感謝を届ける」です。https://youtu.be/-C1O3orD23M

皆さんからいただく、いいね!ボタンやチャンネル登録が、とっても励みになります。いつもありがとうございます。

 

明日は、片付けパワーや仕事パワー、戻ってきますように、、、、

#STANDART  #スマイソン #コーヒーのある暮らし #YouTube  #堤信子 #SMYTHSON