1980年代初頭のニューヨークは、マドンナからジョン・ゾーン、ランDMC、トーキング・ヘッズなど有名アーティストが多く生まれ、音楽の影響力がとても強かった時代。音楽と共に、パフォーマンス、ファッション、アートなどのカルチャーも大変な勢いがあったことをご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

そんなパワフルな80年代の音楽シーンを取り上げたエキシビジョン『New York, New Music: 1980-1986』が、ニューヨーク市博物館(Museum of the City of New York)で開催中です。MTV40周年を記念して開催されている同展示、音楽そのものだけでなく当時の衣装やファッション、ビジュアルアートなど幅広く紹介。今聞いても魅力的な80年代の音楽は、私たちに元気とパワーを与えてくれます。

ここでは紹介しきれないニューヨークのライフスタイルトレンド、日々発見した生活を豊かにするアレコレをインスタグラムで発信しています♫ ご興味ある方はフォローしてください。