東京は梅雨明けした途端、見事なまでのお天気と猛暑です。

夏の御菓子は目にも涼しげで美味しゅうございました(美鈴製)

こう暑いと食欲もdown↓そんな時に突然いただきたくなるのがお稲荷さんなのです。

車通りが多く、なかなか上手く写真が撮れず。何この大雑把な感じ!(ごめんなさい)でも老舗感はお伝えできると思うのです。。

東京には「志乃多」の稲荷寿司屋さんがいくつかあり、そのお店ごとにお味やお揚げの色などが違います。
その時の気分でどのお店も利用させていただいています。今回は四谷の志乃多さんのお稲荷さんと干瓢巻き。

松花堂のお弁当箱に並べて、テーブルで蓋を開けるとちょっとした歓声が(笑)お庭のクロモジを手折って添えました。

こくのある甘さがバテ気味の体に沁みます。。。小さめなのでいただきやすくていつの間にかなくなっています。四谷さんはお江戸でも山手好みかな。なんて思いながらの大満足のお昼ごはんでした。

少しお買い物をと思って出かけると、そこかしこに「TOKYO2020」の文字が!通行止めになります、迂回してください、首都高速は料金がかさみます、と注意喚起もされています。
(なかなか実感が湧かない私ですが)いよいよ、オリンピックが開幕ですね。
安全で平和な祭典になりますようにと願っています。


☆おやちゃい通信~お野菜に関してビギナー(赤ちゃん)同然の私が「おやちゃい」の気づきをちょこっとメモします。

ふた粒をみじん切りにした量です。もう少し多くても良かったかな。

自作のらっきょう漬けも残り少なくなってきました。食べ切ることができるちょうど良い量だったのかも知れません。

黄身が濃い色の卵を使ったので、思いがけずオレンジ色のプチプチが可愛らしく出来上がりました。 小さめの海老をカリッと揚げるのが好きです♡

海老フライにはタルタルソース派の私は、ゆで卵・塩こしょう・マヨネーズ・牛乳・生クリーム(ミルク類をまとめてエバミルクにすると美味しいです)玉ねぎのみじん切りを適当に混ぜて自分好みで作ります。
今回、玉ねぎを切らしていて、代わりにらっきょうのみじん切りを加えました。

作ったソースやディップを入れてそのままテーブルに出すのにちょうど良い大きさのポットです。こちらはパークハイアットのデリカテッセンのポークリエットのものです。

らっきょうの甘酢がほんのりと隠し味になって美味しかったです。ピクルスの代わりにも良さそうです♪


これから夏バテダイエット日記になる(かも知れない)毎日のinstagramです☆