こんにちは。お元気でしょうか?なんだか雨だったり蒸し暑かったり不快指数高すぎじゃないですか?!先週、私はとても忙しかったので、家が雑然としています(涙)。
家が片付いていないと、心がざわつくので体調もどんより。だるくなってきて体が重いと、また片付かない。どんどん悪循環の無限ループにハマり出します。こんなことじゃダメだー(泣)。


こういう時は、1つだけ、ちょっとだけ掃除をすると気分がスッキリして良い循環に変わる気がします。トイレ、洗面台など、掃除の範囲が小さく、達成感があるところがよいですね。これを書いたら、よし!早速1つだけどこか掃除をして、無限ループを断ち切ろう!

さて、この間「北欧柄で楽しく!」というブログを書きました。

ミモレ編集室の中でも北欧柄は大人気で、コメントのやりとりがとても盛り上がって楽しかったー。編集室のメンバーも、マリメッコやクリッパンなど、北欧柄の小物やワンピースなどをそれぞれお持ちで、手持ちのものを写真で見せ合って楽しい気分になりました。まさに北欧柄パワーですね!

その時に編集室のメンバーが紹介してくれたマリメッコの、がま口ポーチ。

編集室メンバーのかわいいイラスト付きで、さらにかわいさ倍増でほっこり。

 

これを見て「あ!」と思いました。これはまさしく私が好きな北欧ピンクなのです!

皆さん、ピンクはお好きですか?
私は母がラブリー派で、花柄とピンクが好きだったために、幼き反抗なのか、逆を行ってしまいました(笑)。ラブリーなピンクは苦手で、インテリアや小物など、ついつい水色・緑などの寒色系を選んでしまいます。

でも、フィンランドに行った時に、北欧のピンクはラブリーとはちょっと違うと気づきました。

フィンランドでは、アアルトが建築したアカデミア書店や、デザイン美術館でかわいい模様のペーパー類を買いました。

ヘルシンキの中央にある、アカデミア書店。1969年にアアルトが建築したフィンランド最大の書店です。店内には「かもめ食堂」の映画の舞台となった、カフェ・アアルトがあります。

帰国して買ったものを並べてみました。色の組み合わせ方もあるのでしょうか。ほっこりするピンクじゃないですか?

 

マリメッコのアウトレットに向かう時に、駅のインフォメーションで何の電車に乗れば良いかを聞きました。
すごく親切なお姉さんが書いてくれた駅名は、北欧ピンクのメモ帳に書かれていました。

マリメッコのアウトレットがある駅のメモ。下半分がピンク!模様のなみなみも北欧っぽい。


ちょっとしたメモもこんなにかわいい紙を使ってくれるフィンランド、素敵!
仕事や何かでちょっとしたメモを書くとき、ちょっと気の利いたかわいいメモを使うと、もらった方も嬉しいですよね。

私も業者さんからもらった無機質なメモじゃなくて、かわいいメモを使うようにしようっと。

すっかり北欧のピンクに魅せられた私は、北欧ピンクを暮らしに取り入れるようになりました。

このムーミンマグはアラビアのヴィンテージです。このカップでコーヒーを飲むひととき、ほっこりします。

アラビアのムーミンマグ

 

フィンランドに行って北欧ピンクを探索できる日がくるまで、日本において北欧ピンクを探してみたいと思います。集まったらブログに書きますねー、と予告しておきます。
では、また金曜日に会いましょう!