リビングの全体像。大好きなイエローにグリーンが映えて、本当に気持ちの良い空間になりました。

前回のリビングと書斎の壁紙DIYに引き続き、洗面台のDIYがやっと完成しました!構想から2ヶ月。悩みに悩んだ末の力作となっております!どうぞご覧あれ。

一般的な日本の賃貸アパートの洗面台。

今回のお部屋探しで見た物件も、私が今まで一人暮らしで住んだことのある賃貸アパートも、新旧あれど洗面台はほぼ全てがこのタイプ。

この洗面台も古すぎるわけではないのでこのままでも十分なのだけれども、ジョージアで毎朝鏡の前に立つ度に気分が上がる生活を経験してしまったからにはやはりなんとかしたい…。

 

賃貸・アパート・洗面台・DIYでネット検索してみると、木目やタイルシールを張ったり、板で覆って隠したり、私と同じようにこの収納丸見えプラスチック洗面台をなんとかしたいと思っている方々のアイデアが沢山出てきたのですが、簡単にはこのフォルムを隠しきれそうに無かったので…

スッキリ〜!

外しちゃいました!

外し方は4箇所のネジを外すだけでとっても簡単。退去時に元に戻せるようにネジをテープで本体に固定し、ビニールで全体を包んで押入れの奥へ。

ここに別で購入した鏡とライトとちょっとした棚を取り付ける…前に、壁紙を貼らなければならないのですが、この壁紙選びに苦労したのですよ〜。

上品にするならグリーンやネイビーなどのダークカラー。
爽やかな朝をイメージするならパステル系のライトカラー。
他にないオリジナリティを出すならビビッドカラー。

ブースを意識して全面に貼るか、はたまた視界に入る部分だけ帯の様に貼るか…などなど、貼り方も散々迷い2ヶ月が経過(笑)

合成まで作成(笑)夫に笑われました。

ダークカラーで全面張りがやはり品が宜しい。
ということで、書斎と同じくダークグリーンに決定!

実際に壁紙を貼った様子がこちら↓

上の棚が取り外せなかったので、側面を貼るのが本当に難しかった〜!

ここまでくれば完成間近!

鏡と棚を取り付け…

 

 

ライトを取り付けて…

ライトの色味はイエローが好きなのですが、顔色やお肌の調子をしっかりと確認できるようホワイトに。

完成!すっかり見違えました。

鏡と棚を優しい雰囲気の木製のものにしたので、壁紙はシックに、収納棚は艶のあるモダンな質&色のものを選び、カジュアル&ナチュラルになりすぎない品のある空間作りを意識しました。

ちなみに、棚やライトを壁に固定する際には、石膏ボードなどに使う3本で固定する細いピンを使用。抜いた後の穴は1mm程度で、指で壁紙を押すと目立たなくなるのでオススメです!

賃貸アパートの洗面台DIY、いかがだったでしょうか!?

蛇口や流しを付け替えることは難しいのでこれが限界ですが、想像以上に良い出来で大変満足しております!

 

さて、DIYはもう少し続きます。
次回は…

このアパートは本当に内装がシンプルで、このままでも良いかなと思ってしまう…が!

この、モノトーンキッチンを大改造です!
お楽しみに〜♫

1 / 9