さやかさんからの質問
Q.
私自身の人生の方向づけについて

私は20代で去年結婚し新生活をスタートさせました。家事をこなす傍ら有難いことにバイトではありますが念願の仕事も少しずつスタートさせることができました。

ただ自分の中ではこれを極める、というよりは他にシフトしていきそうな予感がしています。でもそれが何かはまだわかりません。今は目の前のことをしっかりしなければ道も開けないと思い頂いた仕事と家庭のことを一生懸命するよう心がけていますが、この先自分がどんな風に仕事を持ち関わっていけばいいのか、どこに目標を持てばいいかわからずこのままではただぼんやり毎日が過ぎていってしまいそうで漠然とした不安を抱えています。

ミモレの先輩方はどのように仕事や家庭と関わってらっしゃってきたのでしょうか。

mi-mollet編集長 大草直子の回答
A.
キャリアは5年で1サイクルと考えてみて

さやかさん、ご質問ありがとうございます! 昨年ご結婚されたとのこと。きっとまだ新しい生活になじむのに、いろいろご苦労されている時期かもしれませんね。私もそうだったのかな。もうすでに忘れてしまいましたが(笑)。

私の場合は、雑誌に携わる仕事を辞める、という選択肢がなかったので、どうにかして両立することが前提でした。もちろんやりがいや好きだから、という理由でもありましたが、生活をし、生きていくということと、仕事を続けることはイコールだったのです。

まずは、この先5年を考えてみてはいかがでしょうか? キャリアや生活を考えるとき、5年で1サイクルだと思います。とにかく5年はぶれずにやってみると、次の5年が自然と決まる気がします。

ただし、意に染まないことを我慢する、ということではありません。もし1年でほかのキャリアに移ったとしたら、そこから5年、というふうに、いつでもリスタートは可能です。ただし、やりたいことを決定すること、持続すること、自分の生活と両立すること、目標を決めてそこに向かうこと――は、ほかでもない自分が決めることです。

なんとなく、と続けることは、なんとなくの結果しか生まないような気がします。5年を一生懸命過ごしてみると、意外と不安も消えているかもしれません。

mi-mollet(ミモレ)はキーワードを45歳にしていますが、どんな世代の方も見て頂けるサイトです。15年以上前に20代を終えた先輩たちの話を聞ける場所でもあるのです。是非、清原亜希さんのインタビューもご覧くださいね。ヒントがあるかもしれません。