ミモレ読者の皆さん、こんにちは!

ミモレで「アラフォーで海外に移住したら」として掲載していただいている漫画「アキニッキ」は初投稿から約4年目に突入し、現在はシリーズ3作目となるオーストラリア編をインスタグラムにて週一で公開しています。

新シリーズは年明けからスタートし、オーストラリアあるあるに惚気を織り交ぜながら緩い雰囲気でストーリーが進んでいたのですが、プロポーズを受けた直後から、借金や信仰の確認など、急に現実的な内容に(笑)

そして先日、結婚するにあたり私が苗字を変えたくなかったというエピソードを投稿したところ、まさかの大バズり! 良いねが1万5,000位上着くほどの反響を頂きました。

 

コメントやDM(ダイレクトメッセージ)も沢山頂き、

姓を変えたくなかったけど男性側から「だったら結婚しない」「結婚を許さない」と言われた方、口に出来ずモヤモヤをずっと抱えたまま結婚生活を送っている方、事実婚を選んだ方や検討している方などなど……

私の周りでそんな声は一度も聞いたことがなかったので、本当にビックリ!

二人とも姓を変えたくないなら別姓もアリじゃな〜い?と軽く言ってみたものの…



私の漫画には、コメント欄に書き込むと繋がっている家族や友人に見られてしまう恐れがあるからか直接メッセージを頂くことが多く、基本的に返事は送り主のアカウント名を伏せてストーリーズにシェアさせて頂いています。

それを見た他のフォロワーさんがまた自身の経験談を送ってくださり、その連鎖が続くことで、励みになったり悩みの解決に繋がるアイデアが見つかったりして、私のストーリーズはさながらオンライン自助グループの様な場になるんです。

今回も、どちらかが必ず改姓をせざるをえない現状で、気持ちよく結婚する為にどうしたら良いのか、不平等さをどうしたら解決できるのか、そして、ずっと押さえつけていた気持ちをどうしたらいいのか……沢山のご意見や体験談を頂き、貴重な交流をさせていただくことができました。

インスタグラムのハイライトに残してあるので、興味のある方は是非ご覧ください。

法律は一体誰目線で決められているのか…とリアルに考えさせられた瞬間でした。

 

漫画の中では、テンポ良く進める為にちょっとした話し合い風に描いてありますが、実際には姓をどうするか決着が着くまで数日かかりました。

その間、私は両親と話したり色々と調べたりしたのですが、譲る気のない夫は多分何もしていなかったハズ(怒)。でも、結婚したいかしたくないかといえば、そりゃしたかったので、夫に「私を説得してみて」とお願いし、見事私の気持ちを変える事に成功!

その説得内容がかなり私好みだったお陰で、こんなにも改姓したくないと騒いだくせに、私の活動名は旧姓ではなく夫の姓を使っています(笑) ミモレでもAKIという名前だけの表記にしますかと言っていただいたのですが、敢えてフルネームを選びました。

私が改姓を受け入れたその理由は…本編をお楽しみに!

私の漫画はこれまでも、やんわりと女性にまつわる社会問題を匂わせてはいたのですが、ここまでしっかりと問題提起したのは初めてかもしれません。

わかってはいましたが、やはり勇気と体力がいりますね。

どんなに気をつけていても、今回も「別姓にしたい」という意見を「同姓にしたい」人への批判だと捉えて攻撃的なメッセージを送ってくる方もいましたし……勘違いを100%防ぐ事は不可能なので、本当に悩ましいです。

これからさらにセンシティブな内容に触れていくのですが、漫画表現への挑戦だと思って頑張ってみようと思います。