こんにちは。台風が去って、びっくりするほど涼しくなりましたね。ちょっと前まで、氷いっぱいのカフェラテを、ネスプレッソマシーンで作っていましたが、急にあたたかい飲み物が恋しい季節になりました。気温によって口にいれるものも急激に変化しますね!

最近YouTubeで、ついついコーヒーを丁寧にドリップする動画ばかり見てしまっています。コーヒーをいれる時の湯気、音、癒しを感じるので好きです。そして見ながら寝てしまう(笑)。

YouTubeを見ていると、素敵なコーヒー道具がたくさん登場していて気になります。中でもやたら気になっていたコーヒー道具がありました。

それは、コーヒースケールです!最初、コーヒーを注いでる映像の中で、デジタルの数字が変化していく様子を、「これは何だろう?」と見ていました。

 

コーヒー上級者は、コーヒースケールを使って、コーヒー豆とお湯の量をはかり、注入時間もはかることにより、毎回入れるコーヒーをぶれなく毎度安定した味にすることができているのですね。

し・・・知らなかった。

料理においても常に目分量のワタクシ。コーヒー豆の量もお湯も、もちろん、いつも目分量でした。慣れない時は薄くなることもありましたが、最近は勘がつかめてきました。でも、よくよく思い返すと、コーヒーが美味しいなと感じる時も、何も感じない時もある気がします。それって微妙に濃さが違うからかも。

購入したのは、TIMEMORE ドリップスケール Black Mirror basic plus

 


Amazonの置き配指定で、台風の時にやってきて、気づかずに、ずぶ濡れになっていました(笑)。

濡れそぼった箱の中から、無事に出てきたコーヒースケール。よかった、ご無事で。

フォルムがシンプルでかっこいい。これで私も勘ではない、安定したコーヒーがいれられそうな予感です(形から入る)。まだうまく使いこなせていないので、達人になったら再びご紹介しますね。

これまでは自己流で適当に入れてたコーヒーだったけど、美味しい入れ方を学ぶっていいですね。コーヒーを丁寧に入れることで、マインドフルネス効果もあるような気がします。

そして、地道に続けている北欧食器コレクション。今回、久々に、ヴィンテージの食器を購入しました!

アラビア タイカのコーヒーカップです。

白い実の模様がかわいい!

このカップが生産された年代は1976年から1979年とのこと。ちょうど近所の親戚の家に、いとこの女の子が生まれてワクワクしていた頃だわ!

ヴィンテージの食器って、その食器が生まれた時期の自分のことを思い出したり、北欧の家庭で使われていた様子を想像したりできる、ノスタルジーがあって好きです。
「タイカ」とは、魔法・魔力という意味なんですって。模様に魔法感は感じなかったけど(笑)、この模様、色合いが前から好きで、8.5cmのサイズをずっと探し求めていました。購入できてうれしい!

 

連休は、ほっこりコーヒータイムを楽しみます!