今回は、ただ素直にこの感動を。

去年、知人からいただき、あまりの美味しさで
食べ終わるのが心底辛くなった和菓子です。

それがこちら。

 

逸る気持ちを抑えきれず、パッケージを撮影する前に開封してしまいまして……。「やまり」さんの画像をお借りしました。

山形県白鷹町の老舗和菓子屋、「やまり 栗蒸し羊羹」です。

現六代目が考案したこの栗蒸し羊羹、

大抵は甘露煮の栗なのですが、やまりさんのこちらは国産の生栗を使用した蒸し栗を使用。

この蒸し栗と北海道産の小豆、吉野本葛など全ての素材にこだわっていて上品で優しい甘さが口に広がります。

そして餡以上に入っている栗の食感!!
みっちりとたっぷり入っています。

どうやって切っても、どこを食べても栗!!!

待ちに待った栗蒸し羊羹、先日我が家へ。まだ冷蔵庫にある多幸感!

先日、ようやく我が家へ! 昨年はあっという間に食べてしまったので、今年は薄くスライスして少しずついただこうと計画。

なのに、あまりにも美味しくて何枚も食べてしまうという……。

テレビや雑誌で紹介され続けているために、常に売り切れ状態。

予約必須ですが、私は去年出会った瞬間に恋に落ち、
毎年必ず会おうと心に誓っている羊羹です。

まだ冷蔵庫にある幸せ。今日のおやつ時間が楽しみです!