皆さんこんにちは。
長男が生まれた年に植えた、金柑の苗。すくすく育って、毎年この季節になるとたくさんの実をつけてくれます。

小さな花壇からはみ出している金柑の木。

こうなると、鳥が早いか収穫が早いか。平日はなかなか収穫する時間がなくて、月曜日に「そろそろいい感じかも~!」と気づいても土曜日には結構ついばんでいて、ガーンとなることも。でも今年は鳥達より早く第1回目の収穫ができました。

こんなにたくさん!この量がワンシーズンで3回収穫できます。

皮ごと食べられる金柑はビタミンの宝庫。鼻や喉の粘膜を保護して風邪を予防したり、冷え性改善、美肌効果もあるそう。そのままぱくっと食べたり、甘露煮にしています。おやつ代わりにもなって作り方も簡単、美容にも健康にもいいなんて一石五鳥くらい(?)のお得感! 今日は作り方をご紹介しますね。

①洗ってヘタを取る。
②切り込みを入れて、種を取り除く。

縦に5,6か所の切り込みを入れます。幅が均一になると見た目がきれいですが、テキトーです。まな板の上で転がしながら切るといいみたい。
切り込みから種を取り除きます。ずっとつまようじを使っていましたが、今回、カニフォークが便利だと発見しました。

③鍋に②、金柑と同じくらいの分量の水を入れて火にかける。沸騰したら中火で10分煮る。

アクが出たら取ります。アク取りって無心になれるから好きです。
 

④金柑の60~70%の分量の砂糖をいれて、5分煮る。今回は金柑700グラム、きび砂糖450グラムにしました。

⑤火からおろしてお醤油をちょっとたらし、あら熱を取る。お醤油は、味に深みを出すためだそう。

できあがり~!

甘露煮は冷蔵庫で2週間くらい持ちます。そのまま食べたりヨーグルトに混ぜたり、小腹が空いたときにはぱくっとつまんだり。水やお湯、炭酸水で割ると金柑ジュースになります。

夜はお湯割りで。体も心もほっとします。柑橘系の香りにはリラックス効果もあるそうです。

さて、そろそろ2回目の実がいい感じになっているので、週末は収穫しなくては。皆さんも風邪予防しながら、よい週末をお過ごしくださいね。