ぺんぺんさんからの質問
Q.
私の悩みは髪をうまくまとめられないことです。現在、肩下のワンレングスにゆるくかけたパーマがとれかかっている状態ですが、ひとつに束ねたゴムの上に髪を巻きつけたり、お団子にすると、いつもわずか数分後には留めたはずのピンが浮いて崩れてしまうのです。不器用でも簡単キレイにできるコツを教えてください。
DIFINO店長・佐野行俊さんの回答
A.
「角度を変えてさし込む」テクニックを覚えましょう。

髪の量や質によって個人差はありますが、ピン留めしたのにすぐに取れてしまうというのはピンのさし方に問題がある可能性が高いですね。ぺんぺんさんのように「上手にピン留めができない」という方も多くいらっしゃるので、ピン留めのコツをお教えします。

その前に、普段使っているピンについての豆知識も。

 

●アメピン(左)
使用頻度の高いピンになります。ツイストした髪や後れ毛を留めるのに活用します。今はアメピンもいろいろなサイズ、デザインがあります。通常サイズより1.5倍くらい長いアメピンもありますよ。長い=留めやすいので、ぶきっちょさんにおすすめです。

●Uピン
お団子やシニヨンなど形をキープするために使用します。まとめ髪をする際にホットカーラーやコテで毛先を巻いておくとまとめやすいし、Uピンが留まりやすくなります。

<アメピンの刺し方>
 STEP①

 

ツイストした髪の束から並行にピンを入れていきます。このとき、右手に持った毛束と後ろにある髪を一緒に挟みます。

 STEP②

 

ピンを入れたら、右上に角度を変えて持ち上げるようにして留めます。大切なのは「角度を変える」こと。ピン留めはいかに髪を絡ませて留めるかがカギになります。最初のピン入れは髪の流れに逆らっていても、角度を変えて(髪の)流れに合わせて留めると収まりやすくなります。

 STEP③

 

もう1本アメピンを持ち、今度は毛束の内側と後ろ髪を一緒に留めます。下から上へ突きさすように留めると収まりもよく、ピンも目立ちません。
どうしても心配であれば、右側から左ナナメ上に向かってもう1本さし込んでもいいでしょう。

完成はこちらです。

 

仕上げにスタイリングスプレーを使ってスタイルキープをすることも忘れずに。

それでも髪がほつれるというのであれば、“ピンを魅せる”留め方もアリですね。2本のアメピンを毛束の上で「☓」にして留める方法もあります。カラーヘアピンを使えばおしゃれに見えます。是非、試してみてください。

PROFILE
  • DIFINO店長・佐野行俊さん
    クセ毛を活かした外国人風ヘアやDIFINOオリジナル「R Cut」を用いたヘアスタイルを提案。4歳と1歳のやんちゃざかりの男の子のパパ。

    DIFINO

    住所/東京都港区南青山5-4-41 グラッセリア青山2F 
    営業時間/ 月・火 10時〜20時、木 11時〜21時、金 12時〜22時、土 10時〜19時、日・祝 10時〜18時 定休日/毎週火曜・第3水曜 tel. 03-5468-3361