昨年暮れに福島へ行き、その帰りに茨城の笠間へ立ち寄りました。目的は陶芸!手に馴染む器を作りたくて工房へ。

登り窯のある素敵な工房でした。

平日、雨、ひとりなので予約なしで伺いましたが、ろくろは埋まっており、手ひねりでの製作になりました。

粘土の塊からていねいにていねいにかたちを作っていきます。

小学生の頃の粘土遊びを思い出しながらこねこね。土いじりって楽しいんですよね♪ 結構粘土の量があり、大皿くらいなら軽く作れてしまうかも。わたしはカップをふたつ作ることにしてこねこね。

自然乾燥ののち窯に入れるのだそうです。

かたちが出来上がると完成です。工房のスタッフの方に釉薬の色を伝えて、配送の手配をしていただきます。

帰りに笠間日動美術館に立ち寄りました。この時はちょうど魯山人のコレクションが展示してあり、目の保養になりました。

そして昨日、約2ヶ月の時間を経て届きました!

どういうふうに出来上がったかしらとワクワクします♡

温かい雰囲気のカップです。はちみつを入れたホットミルクに良さそう♡

ちょっとブサイクなのがまた可愛いです(笑)

味をしめたわたし(笑)次回の機会には、お抹茶のお茶碗を作ってみたいです。