(前回のBlogの続きです)日本舞踊の演目「連獅子」にちなんだ和菓子を作ることになりました。今回お願いをしましたとらやさんからのご提案はどれも素敵…でもやはり舞台に立つ張本人が決めたものにしなければ。

幸せのおすそ分けにいただいた御菓子を(松羽目をイメージして)松のお皿に載せました。蝶々のかたちの「春の夢」は白小豆の餡が入った薯蕷饅頭です。

今回の舞台が名披露目(名取となったことをお披露目すること)の彼が選んだ御菓子は、羊羹製の「詩歌草(しいかぐさ)」を紅白で!まさに八重咲の牡丹の花そのものです。そして彼のご両親の思いもあり、牡丹の花の間を舞う蝶々の「春の夢」を加えて、3個の御菓子ははっきりしたストーリーになりました。

試作していただいた白い牡丹の花の中には紅餡が入り、うっすら透けたピンク色がなんとも素敵です♡

掛紙はいたってシンプルなものにし、紙袋は春らしくピンク色に。とらやさんのご担当の方にもいろいろと相談に乗っていただき、とても素敵な御菓子の箱が出来上がりました。

日本の美しさが詰まっています。

当日の劇場…本番は満席で、舞台の親獅子仔獅子ともにとても見事でした!親獅子は風格があり立派で格好良く、仔獅子は若さみなぎる動きで力強い懸命さが素晴らしく、客席は万雷の拍手に包まれました。この感動をおうちでもう一度味わっていただけたらな…と、ピンクの紙袋を持たれた方を見てそう願いました。

楽屋への通路に置かれた紅白の牡丹の枝!実際に舞台に置かれるものなので大きくて迫力があります。。
記念の押隈、上が親獅子で下が仔獅子です。

今回は日本舞踊の会に向けてでしたが、結婚やお誕生などの記念にもぴったりのお誂えの和菓子。記念日に洋菓子は素敵ですけれど、和菓子もなかなか、良いですよ♡