あ、ちょっと涼しいかな…?と思うとじりじりとお日さまが照り、うっかりすると熱中症に!お天気ニュースではよく呼びかけられているのですが、人ごとではなくつい先日やってしまいました。。

薄い藤色にほたるぼかしのきものと相良刺繍の帯で出かけました

日中は28度になると予想されていた日にきもので一日動いて(確かに朝からなんとなく調子が良くなかったのですが)お昼を過ぎた頃から体が火照ってきてずっと息切れ状態に。もともとあまり汗をかかない体質なのであまり気にしないでいたのですが、その後数日間ずっと体が重く頭痛が続く状態になってしまいました。正座をすれば必ず足がつるし、飲み物を口にしても汗はかかずお手洗いにも行かず…歩く時にとうとう足が上がらなくなってしまったのでこれはおかしいと整体院に駆け込みました!

暑かったこの日、都下にある某私立学校に伺いました。立派なホール!

脱水症状だったようです(涙)トレーナーさん曰く「熱中症の後は一週間が大事なんです。浮腫むことは今は気にしないで、どんどん水分を体に入れてください。そのあとで必ず排出しますから!」

 
学校訪問を終え、ちょっと一息のティータイム♡このアイスティーにどれだけ助けられたことでしょうか!そしてどうしても甘いものは外せない!!

あな恐ろしや。わたし、甘くみていました。汗をかいても気にせず動けるように化繊の洗える着物を選んだのですが、逆に熱がこもってしまったのかもしれません。これから盛夏にかけて着る機会も多そうです。今回のことを教訓にして”見ても着ても涼しげ”な着物姿を研究しようと思います。