こんにちは!

今回の展覧会の名前が「川端龍子 超ド級の日本画」だったので、つい(笑)

山種美術館で始まったばかりのこちら。
ちょうど行こうと思った日が、ギャラリートークの日でした。

 

整理券を待つ人たち。私、二番目でした^^

 

ギャラリートークでは、学芸員の方の解説を聞きながら会場を回る事が出来ます。 所要時間、約40分!
私は川端龍子(かわばた りゅうし)について全く知識がなかったので、ぴったりの企画^^タツコさんかと思っていたくらい(苦笑)

 

今回の撮影可能な作品は「真珠」(山種美術館所蔵)。

見終わった感想は、、えっと、よくわからない、、、(汗)
龍子は、洋画家から新聞記者(写真の代わりに絵を描いていた)、少女雑誌の挿絵家を経て、日本画家となります。 そのためか、とにかく作風のバリエーションが多い!これぞ、代表作!というものが浮かびにくいというか。

なので一度観ただけでは捉えられない、そんな風に感じました。

 

とまぁ、そんな事を考えながら今回もいただきました。
「鳴門」がモチーフの「涛々 とうとう」というお菓子。
しゅわっとした淡雪羹と錦玉の組み合わせが、雨の日にはちょうどでした^^

帰る頃には雨も上がっていたので、テクテク歩きました。(カロリー消費!)

 

大好きなクチナシの花もそろそろ終わりですね。
今年も良い香りでした。

週末からはロンドン!
しばらくブログはお休みして、次回は旅行記を^^

それでは、また!行ってきます!