2018.2.5

【宮崎ひとり旅1】釜揚げうどんとレタス巻きと

こんにちは、ミモレの川端です。先日、所用があって九州の宮崎を訪れました。気ままなひとり2泊3日の旅をレポートします。

泊まったのはシーガイアリゾートと宮崎観光ホテル。雪がちらつく東京と違ってとてもあたたかかったです。

九州のうち福岡、熊本、長崎、鹿児島には訪れたことがあるのですが、宮崎は初上陸。地鶏、冷や汁、焼酎、マンゴー……すぐに思いつくのはそんなところ……ほかにも宮崎名物って何があるんだろう?といろいろ調べてから行きました。

”ミヤカン”こと宮崎観光ホテルに泊まったお目当ては、釜揚げうどんと元祖レタス巻き。

釜あげうどんの重乃井さん。店の外から鰹出汁と甘いめんつゆの香りが!
釜あげうどん・並盛り650円。ちらし寿司や稲荷寿司も。


重乃井さんは甘めのだし香るつけつゆで、並盛りでなく大盛りにすればよかったと思うくらい美味しかったです。

マヨネーズをつけたエビをレタスで巻いた海苔巻き”レタス巻き”。コンビニのサラダ巻きの原点が宮崎名物とは知りませんでした。
こちらの「一平」さんが作曲家・平尾昌晃氏のために作ったのが原点だそう。ひとりでも気兼ねなく入れて、アットホームな雰囲気のお寿司やさんでした。

そうそう、ミモレで質問しようと思っていたのですが、梅しそ巻きに山芋が入っているのは宮崎式なのでしょうか? 私は初めて食べました。駅で売っていた巻き寿司の折詰めにも山芋が入ってました。

山芋のシャキシャキとした歯ごたえがあって新鮮でした。

どちらのお店でも、厨房やフロアでたくさんの女の人たちがテキパキと働いてらして気持ちがよかったです。 
人も気候もあったかくてすっかり宮崎に魅了されてしまいました。

パワースポットの多い宮崎、2つの神社を訪れました。
次回また〜。