2018.3.18

「TOFF&LOADSTONEで見つけた、オトナの“ちょっとそこまで”トート」 by柳田啓輔

いやらしく見えない、温かみのある表情の革は、ヤギのものなんだそう。フィヨルドゴート・スモールトート¥28000(税抜)/トフアンドロードストーン

こんにちは、編集部の柳田です。
男だからでしょうか。ちょっと無理をしてでも荷物を減らす、「手ぶらになる努力」を無意識のうちにしています。最低限必要なスマホ、財布、カギ、そしてハンカチまでも4つのポケットに入っちゃいます。勿論、何か荷物があるときは大きなトートバッグかリュックを使いますが、基本は手ぶらで動き回っていたいものです。
ただ、休日に「本やパソコンを持って近所の喫茶店に」とか「ふらっと買い物に」みたいな、“ちょっとそこまで”的なシチュエーションだと、話は変わってきます。手ぶらだとなんとなく心許ないし、大きいバッグまでいくとかさばっちゃう、そんな狭間にあえぐこと1年。とうとう出会ってしまったんです。

"ちょっとそこまで"なサイズ感ちょうど良く、色味、革の質感も素敵です。黒とカーキ、2色ありましたがどっちも渋い。

まさに、こんなサイズの気軽に持てるバックが欲しかったんです。13インチのパソコンやA4 サイズもしっかり入るけど、軽いし、薄いし、かさばらない。会議や打ち合わせの際に社内を移動するとき、パソコンとノート、ペン、ペットボトルをむき出しで両手に抱えて運んでいたのですが、平日のその問題も解決してくれそう。

巷では女性のバッグは縮小し続け、「ミニ財布」が定番になりつつあるこのご時世。メンズのバッグ事情と言えば「サコッシュ」なるものが流行りだし、“手ぶら派”だったはずのストリートの若者から大人世代まで席巻するほどに。「便利なんだろうな」と心から思っていたのに、天邪鬼ゆえになかなか手を出せず、結局手ぶらで出かけたり(笑)
そんな、約1年間に及んだ“手ぶら”問題は、この「TOFF&LOADSTONE」の“ちょっとそこまで”トートバック(勝手に呼んでるだけです笑)でなんとかなりそうです。

 
 

マチがないコンパクト感も、中についているサブのポケットも、気が利いててちょうどいい。この日は次の予定があって選びきれずだったのですが、黒とカーキ、配色がどっちも秀逸すぎて選べません。

僕みたいな男性のうるさ方、きっと少なくないはずです。それを見事に黙らせるだけの、全部が「ちょうどいい」トート。聞けば、女性も自分用で買ったり、旦那さま用に買ったのに結局自分が使っちゃってるみたいなケースが多いんだとか。

ついでに

眼鏡ケースも可愛かったんです。コンパクトでかさばらず、ロゴも内側にさりげない、磁石でパカッとあけやすい。

あと、このブランドのプロダクト、ロゴを前面に出さないところが素敵ですよね。別に自信はあるけど、モノ自体を見て判断してくれと言わんばかりの江戸っ子感(笑)。こういう“粋”な部分が日本のクラフツマンシップを感じさせますよね、そういうの大好きです。(笑)
みなさま、“手ぶら派”の旦那様へのプレゼントにいかがでしょうか?
というかコレ、僕も買っちゃってもいいですよね?!

お問い合わせ先/トフアンドロードストーン
tel. 03-6455-5520

柳田 啓輔

ミモレ唯一の男子。鹿児島出身ですがお酒は強くなく、平成5年生まれの昭和顔だと思っていたら最近は大正っぽいと言われるようになりました。学生時代からトラッド、ストリート、モードと、色々迷走してきましたが、今は社会人として見られる格好を心がけようと、さらに迷走中。ミモレの新人として日々是鍛錬で精進していきます。

これまで紹介したアイテム一覧を見る