みなさま、初めまして。
mi-molletでブログを書かせていただくことになり、少し緊張しています 。

プロフィールに書かれた様々な経験を経て、今のシンプルな生活、食と音楽、大切にしたい気持ちを、これから少しずつ毎日の生活の中で気負わず 徒然と書いていきたいと思います。

現在、私の職業はフードディレクターとDJ業、2足のわらじです(笑)
《好き》を突き詰めたら、この2つになり、職業と語るまでには様々な経験をしてきました。

調理師・料理研究家アシスタントを経て、フードコーディネーターになり、2000年に結婚を機にロンドンへ移住するまで、雑誌、広告、お菓子やレトルトのパッケージ写真の料理撮影で、料理とスタイリングのお仕事をしていました。

今の感覚を大事に、心の記憶を自分というフィルターを通して発信していく、一生を通じて楽しめる仕事だと思っています。
これからお付き合いくださいね。

まず今年は、年末年始のカウントダウンDJを仕事始めに。5日には、とある会社の新年会用のケータリングをご用意させて頂くお仕事を。

メニューは、商売繁盛と縁起をテーマに考案。

お金持ちになるサラダ
ー主にスペインや中南米でレンズ豆をコインに見立て、スープにして新年に食べているスープ。今回は持ち運びには大変なので、冬場が旬のサヴォイキャベツとトスカーナ風グリルソーセージとフランスLe Puy産のレンズ豆を使ったサラダ仕立てに。その他、全て丸く収まるように願いを込め丸くくり抜いた野菜のサラダ。

●馬蹄形のチーズ"バラカ"を含むチーズプレートと苺、チョコレート、金柑

●私にとってパーティに欠かせないブラジルのコロッケ"Coxinha"

●ローストポークに黒豆、紫芋、サツマイモを添えて。メープルシロップ又は、アップル&チポトレペッパーソースをお好みで。

●〆はバターチキンカレーにターメリックライス。

●そして最後にガレットデロワを。
アーモンドクリームたっぷりのパイの中に、フェーブという小さな陶器で焼いたチャームが入っていて、当たったら今年1年ラッキーが待っている、と。

"社員の半数がサルサを踊れる会社" と社長が仰るだけに、
みなさんノリがよく、そしてたくさん召し上がって頂きました。

メニューはいつも自分が食べ慣れているものが殆どで、実生活の中から生まれてきます。いままでの経験や住んだ土地、旅行などの影響も……。
音楽を選曲する時も、自分の心の中身が深く反映されてしまいます。

毎日の生活が人生を創るように、大切に食事を作る。
空腹を満たす為ではなく、誰かの心の記憶に刻まれる事を願う。
身体は記憶と共に食べ物から出来ているのだから。

さて、2015年どんな1年になるのでしょう。