2015.1.21

毎日の小さなこと、楽しみ。

 ちょうど1年前に引っ越しをしました。前に住んでいたのは東京の中心、日本橋のマンション。そしていまは小石川植物園にほど近い小さな一軒家です。住んでみて驚いたのですが、都内とは思えないような自然がいっぱいの環境で、それも賑やかな場所から奥まった土地なので、一日中静寂に包まれ、聞こえてくるのは鳥の声くらい…友人たちは「別荘みたい!」とまで(笑)。どうぞ別荘のように、ぜひ息抜きにいらして~♪という感じでお迎えしています。

 少し前でしたが、2階にあるリビングでぼんやりしていた午後、バン!という何かが壁に当たったような音がしてびっくり、おそるおそるテラスを見るとそこにはメジロが一羽ひっくり返っているではないですか!!!きっとまだ子どもなのでしょう、飛び始めてうっかり目測を誤ってしまいぶつかって脳しんとうでも起こしたのかな(多分オスと思われるメジロ君←勝手な推測です・笑)。急いで小さな空き箱に柔らかい布を敷いてメジロ君をそっと寝かせ…人差し指で頭を撫でているうちに意識が戻り私の指からテラスの手すり、最後に屋根のへりに止まって無事に飛んで行きました。

気絶から意識回復し、自力で屋根に!メジロ君の勇姿!

 そんな鳥たちもこの寒い季節はどこかでのんびりしているようで、なかなかお目にかかれません。大寒を越え、玄関先の梅のつぼみも少しずつ膨らんできています。でもこれから2月、いよいよ厳しい寒さで雪も降るのよね、でも春になれば成長したメジロ君にも会える!…などと四季の移ろいが楽しみになったのは、住環境の影響もありますが、何より年を重ねたことも大きいような気がします。若い頃とは違う楽しみ、ニュートラルな毎日もなかなか良いものです♪