もうすぐ2月。梅の開花の便りが聞こえてくるようになりましたね。我が家の玄関先の梅もつぼみが膨らんで、あと少しで咲きそうです。

こちらの小紋、小さいドットは金駒刺繍です。帯が映えるきものなので重宝しています。

この帯は絞りの名古屋帯です。毎年この時期のみ、年に1~2回ほどしか出番がありませんが、薄いピンクとオフホワイトの梅の模様が優しいイメージです。今回は墨黒の小紋、帯締は濃紅梅色を合わせて引き締めました。

これ…全然帯が見えない(笑)スペシャルゴットハンドのセラピストちゃん&美声の歯科医師の卵ちゃんと♡

実はお扇子にも梅が描かれています。意外な組み合わせの白梅と黄色い梅の、ほんのりとした色合いが気に入っています。

上の写真で帯にさしているのがこのお扇子です。親骨にも梅の蒔絵が施されています。

めでた尽くしのお正月が終わり、梅そして桜、藤…めぐる日々とともに帯やきものの柄を楽しめることも日本ならでは。自分では着なくても、街行く和装のかたや呉服屋さんのディスプレイを見るだけでもうっとり気分に浸れますので、ぜひみなさまも季節を味わってみてくださいませ♡