2015.2.8

「はじめての日本舞踊」@兵庫県立芸術文化センター

先週末、西宮のホールに行ってまいりました。

我が家のチラシ掲示板です♡何事も可愛く可愛く(笑)

今年で2回目になるこの公演、前日から現地に入り準備万端です!

本番前日の「寿式三番叟」の舞台稽古です。「神楽初」を舞われる友五郎先生が舞台をチェックしてくださっています。

今回の演目のひとつ「寿式三番叟(ことぶきしきさんばそう)」は謡曲の「翁」より派生した御祝儀の舞踊です。文楽や歌舞伎でもポピュラーなので、きっとどこかでご覧になったことがあるかも知れません。

翁(手前)は箕乃助先生、千歳(奥)は寿楽先生。静謐で神々しく。

翁と千歳と三番叟で構成されるこの演目は、まず翁と千歳が天下泰平を祈り格調高く踊り、その後に五穀豊穣を願って二人の三番叟が舞台狭しとばかりに踊ります。鈴を振りながら激しく踊っているうちに二人の見分けがつかなくなるような…そこも見所です。なので三番叟は背格好の似た二人が演じることが多いのです。

基先生(手前)と蘭黄先生(奥)、息の合った踊りに見惚れてしまいます♡
今回は衣裳付(顔を塗り鬘を付け、衣裳を着ること)でした。鏡の前には顔を作る化粧道具が並んでいます!
蘭黄先生の整然とした化粧前!白粉や紅が並んでいます。

顔ができたら、衣裳をつけます。

衣裳と鬘をつける直前の基先生。

そして完成!

三番叟の衣裳をまとい、いざ舞台へ!

稽古を重ねて完成した舞台に、お客様も喜んでくださいました!(演者にとって、客席からの大拍手が何よりの励みなのです)

松羽目を背に集合です。

そして次の演目は山村友五郎先生による「神楽初(かぐらぞめ)」。燭台が並べられたお舞台は幻想的で荘厳です。美しく上品な舞…さすが友五郎先生!と唸ってしまいました。

友五郎先生の手には、鈴を付けた生花のお榊が。一つ一つにこだわりがあられて素敵です。

日本舞踊に限らず、舞台芸術は舞台上と客席の一体感を味わえることがこの上ない至福…♡まだ興奮冷めやらぬワタクシでございます…♡(笑)