2016.3.10

アンダーヘアを手入れするワケ!

ミモレ世代の方は、若い頃にちょっと手入れしたものの、白髪を見つけた時からアンダーヘアの手入れを始めます。
それまでは、意外とナチュラルの間々、アンダーヘアを気にしている時間も暇もない。ふと、白髪を見つけた時、自分が老いた!とショックを感じ。
どうにかしたいと思ってサロンを訪ねて来られます。

そんな中、長年サロンでアンダーヘアの施術をしてきて、初めて白髪以外の理由を聞きました。
介護しているお母さんのおむつを替える度にアンダーヘアが邪魔なんだそうです。
だから、自分は今からきちんとアンダーヘアをお手入れすることにしたそうです。子供に迷惑をかけないように。

このお話を聞いて日本人らしいなと思いました。
日本人特有の『人に迷惑をかけない精神』私はこの精神好きです。
そう言えば、私も娘に迷惑をかけないようにと思って、葬儀費用として保険をかけているな~

自分の終焉に向けて、まだ漠然とはしているものの、両親の介護、更年期、子供の反抗期と悩まし年頃になっていきます。

それでも、娘が成人するまではまだまだ、娘の孫を見るまでは頑張らねば。
自分の為に頑張るのは限界があるけど、娘の為なら頑張れるような気がします。

 
 

松丸弘美(まつまる・ひろみ) 
1970年 千葉県市川市生まれ。実家の梨園農園を営む両親の背中を見て育ち、自分でも何かを創くる事を漠然と考えていました。ダナ・キャランの服が大好きで19歳の時にNYまで行き挫折し。20代は香港で仕事中に突然難病と宣言され闘病し奇跡的に回復。その後、アメリカ・オーストラリアへ渡米しBEAUTY を学び。30歳で表参道にShou BEAUTY SalonをOPEN。当時はまだ数少ない『ブラジリアンワックス』を提供し。15周年のパーティーでは、お客様からの褒め言葉『BEAUTY OTAKU』を頂き。去年の1月20日よりWEBマガジン『mi-millet』のBLOG公開中!引き続き『アンダーヘアの白髪・タルミ』の悩み相談募集中!
Made in TOKYOのブラジリアンワックスをぜひ試して見てください。 www.shousalon.com