海外セレブウォッチャーさかいもゆるの「セレブ胸キュン通信」

2015.2.12

スムージーはもうアウト!?
セレブの“飲むダイエット”最新トレンドは?

  • ココナッツオイルからチアシードまで、美容にいいものはなんでもかんでも摂っているミランダ。元々美人な上に努力家で、もはや美しさは超人レベルに。
  • 健康ブームはなんでもいっちょ噛み芸人、グウィネス。彼女の発言は影響力が強いだけに、今回もスープ・クレンズ会社からお金もらってるんじゃないでしょうね、とつい疑ってしまいます。
  • あのスーパーモデルも今や48歳。でも見事な保存状態はあっぱれ! やっぱ今でもゴージャス美人♥

“飲むだけでO.K.”な手軽さがウケて、日本でも大ブームとなったスムージーダイエット。毎朝、新鮮な果物や野菜を材料に、ミキサーでジュースを作るだけ。かくいう私も、スムージーにハマっていて、旅行先などで飲めない日があると、ちょっと不安になるほど、なんだけど。真冬の今、冷たい飲み物を朝いちばんに摂るのって辛いな〜、逆に身体に悪いんじゃないか……?と思っていたところ、グウィネス・パルトロウが「これからはスープ・クレンズがINよ!」と、自身のWebサイトGOOPで配信。やだ、グウィネスったらタイムリー♥

グウィネスによると、「寒い今の時期、冷たいスムージーには食指がなかなか動かないわよね。それでおすすめしたいのが、温かいスープ・クレンズ。スムージーと違って素材は野菜メインだから食物繊維が豊富に摂れるしね!」と大絶賛。L.A.ベースの宅配スープ・クレンズ会社、Soupureのスープをおすすめしていました。へ〜、スープ・クレンズ? でも日本にだってスープ・ス●ックがあるしね、と思いつつ早速サイトを見てみると、ストロベリー&カシューナッツ、キューカンバー&グリーングレープ、パイナップル&パパイア&フェンネル、と、想像していたのとなんだか様子が違う……。商品説明によると、冷たいスープと温かいスープ、そしてチキンもしくはビーフか野菜のみをそれぞれ原料としたプレーンなコンソメスープ、の3カテゴリーがあって、メニューの内容は17種類。ちなみに私が先程挙げたメニューは、すべて冷たいスープタイプのもの。温かいスープにはチリペッパーや生姜など、代謝を良くするスパイスや野菜が使われているのが特徴みたい。1日から1週間、3食このスープだけを摂ることでデトックス、というコンセプト。

もうひとつ注目なのが、E3 Live社のAFAグルーグリーンアルジーというスーパーフードをショットグラスで飲む、というもの。このAFAは、天然の藻類を生のまま冷凍したもので、人間が必要とするアミノ酸をほぼ完全に含んでいるほか、ビタミン、ミネラル、オメガ3、オメガ6などなど、健康や美容にいい栄養素を素早く吸収できるとあって、現在ある中で最強の、「キング・オブ・スーパーフード」と言われる成分。飲んだ瞬間から顔色がワントーン明るくなるくらい即効性があるとかで、ヘタなエステより効果がありそうな気配。このAFAショットを飲んでいるのは、元スーパーモデルのシンディ・クロフォード。全盛期の頃の美貌とスタイルをキープできているのは、スーパーフードのおかげなのかしらね。

さらにあのミランダ・カーが毎朝欠かさず飲んでいるのは、コップ一杯のお湯にレモン2分の1個とスライスしたレモンを入れた、ホットレモン。ビタミンCが豊富で血液サラサラ効果も高いと言われるレモンをたっぷり摂れて、風邪を引きやすいこの季節にもぴったりのドリンク♪ これならすぐに真似出来そうですね。
おうちでほっと一息のドリンクタイムも、できるだけ美容にいい飲み物を選ぶ。——日常の中のそんな心がけで「美」の貯金をコツコツ貯められるかどうかが、美人と凡人の差!?

写真/AFLO