こんにちは
百瀬今日子です。


先日、こどもの幼稚園で先生との懇談会がありました。


その中で、「こどもに寄り添うことのたいせつさ」といったことが話題になりました。

たとえば、ぐずっている子どもを、小手先で対処、対応するのではなく、まずは、どうしてなのかな? と親なり大人が子に寄り添ってみる、歩み寄ってみる大切さがあるのでは、と。


そのほかに、「この子はこうだから、と勝手に決めこまない」など。
本人からすこし離れて客観視してみると、これまで気づかなかった、こども本人の伸びようとする力、行動範囲、そして、それこそ本人「らしさ」や気質に出会うことがある、等々。



それから数日。
こうしたことは、日常の小さなことのようでも、根幹にかかわる本質的なことでは、と改めて感じさせられます。


いわゆるお体裁的なことではない、人間力につながる話、とでもいうのでしょうか。


「相手の気持ちに寄り添う」「勝手に決め込まない」……
子ども相手に限ったことではなく、大人同士であってももちろん成立する話。


日々ありがたき実地をさせていただいております。
 

 
作:うちの子。好きに描いて持ってきました。自らあふれだすパワーって面白い。


 

家庭や幼稚園・保育園に成績表はありません。

けれど人間の根っこにつながる暮らし。

あなどれない深い現場であることを感じ入る昨今です。


今朝はきれいな晴天の東京です!
 
気持ちのよいことばに着替えて すてきな金曜日を


百瀬今日子でした