2016 Jun. 15

「大人のオフショルダー」は、
辛口ボトムス、まとめ髪、長めショルダーで

今年流行中の、オフショルダートップス。いろいろ試着して、いろいろ探しましたが、難しいですね。すでに春先に手に入れて、先日初めて着たのが、MM6Martin Margelaの白のブラウス。首元と袖に細かなシャーリングが入っていて、着方を自在に操作できるのが好ましい1枚。

なんと、私のインスタでアップしたところ、光野桃さんとおそろいであることが、ご本人からのメッセージで発覚。とっても嬉しい。先日のインタビューも、驚異的なPVを記録した桃さんのおしゃれ理論、生きるセオリーは、私の先生でもあるので、本当にうれしい偶然でした。

と、話が少しそれました(笑)。このオフショルダー、20代のお嬢さんがぴかっとした肩を、ぐわっと出して着るのはとっても可愛いのですが、婦人はスタイリングで、甘辛を調整しないと、なかなか難しい。

首元から肩に掛けての「生っぽい」曲線を出すのですから、合わせるほかのアイテムは辛口でちょうどいい。例えば、裾が切りっぱなしのベージュのパンツなど。これがふんわりスカートだと、ときに甘さがトゥーマッチになってしまうかもしれません。

そしてもう1つの「生っぽい」アイテムである髪は、オフショルダーを着るときは封印。無造作にまとめるのが正解です。あえて首から肩のラインだけを、ぐっと華やかに目立たせるために、ストイックにするくらいでちょうどいいのです。

そして、合わせるバッグも重要。顔周り、コーディネートのトップ部分が「抜ける」ので、そこにバッグが来てしまうと、せっかくの「抜け」が消されてしまいます。そこで、バッグはショルダーが長く、あえてポイントを肩よりうんと下に持ってきます。2か所にあえてアクセントをちらすことが、今年っぽいかなあ、と思います。

と、試行錯誤を重ね、やっと着られるようになったオフショルダー。真夏も、秋のはじめもずっと着よう!

大草 直子

  • 今日お誕生日を迎えた、我らがバタやんのお誕生日会を会議の途中に(笑)。参加人数が多かったので、2種類を用意。ぷうっと頬をふくらませてキャンドルを消すバタやんに、みんなの拍手が一層大きくなりました(笑)。誕生日をお祝いすることほど、幸せで楽しい瞬間はありませんね。出会わせてくれてありがとう、そんな気持ちになります。
  • 最近、毎日欠かさず使っているのが、ロクシタンのピローミスト。大嫌い(あ、そんなこと言っては運が逃げていく by青木さん)な梅雨。ベッドもからっとしていてほしいのに、なんとなくじめじめするのが本当に嫌。あ、また言ってしまった。なんとなく匂いもこもるような気がして。と、使い始めたスプレーは、心地よいラベンダーの香りで、眠りも深くなるようです。カーテンや、実はクローゼットの中にも使っています。この時期とってもオススメです。
 
CREDIT :

ブラウス/MM6MartinMargela
パンツ/ビームス
バッグ/クロエ
シューズ/トゥモローランド
サングラス/レイバン