2016.7.7

わたしに似合う服探し 代官山編

 

タレントの梨花さんがディレクションするお店で、本当はパフェを食べに寄ったのだが、ついシンプルで美しいデザインの服に見とれてしまい、こんな猛暑の日に試着してみた。ネイビーのキャミソールとパンツがセットアップされた、ちょっと珍しい甘辛いセット。店員の方と暫くNYのパーソンズファッションスクールの話をしながら、ふと彼女が提案してくださったさりげないアドバイスが、このセットだった。きっとこんなのがお似合いですよ、と。

 

今日の私の格好といえば、今季のGapの黒のノースリーブのオールイン←自転車には何かと便利でして。さらにヒールの無い靴。ヒール有る無しだとやはりお尻の位置が変わりますね。ウエスト高めのデニムだとローヒールでも7cmは見た目が変わるとのこと。

それにこのトータルコーディネート、私の好み!ワンショルダーでニットはさすがに鍛えないと着れない難関だけど。着たい服着ちゃえ!いづれ似合わない歳がやってくる、それを呪文のように唱えながら今日も短かい脚が出るタイプのコンビネゾン。

実年齢より老けた服を選びがちだ、と前のパートナーぬ言われてから、心がときめく服だけを選ぼうと決めた。これ、コンマリさんの片付けの本と同じ考え方です。

 

そして、今日もパフェを食べる日々。幸せ!