mi-mollet NEWS FLASH Beauty

2016.8.5

岡野瑞恵さんが指南!この秋、アイメイクを更新するなら断然ボルドー![PR]

まだまだ夏日は続くけれど、今年の秋冬はどんな色が流行るのかなとファッション計画やメイクを考えるが楽しい季節。「メイクの衣替えはアイメイクから」を提唱するヘア&メイクアップアーティスト岡野瑞恵さんが、この秋注目している目元のカラーとは? 秋冬のファッショントレンドと合わせて、一気に今年っぽくなれるメイクのコツを聞きました!

洋服に厚みが出る秋冬は、目元に赤みをプラスする

「今年の秋冬もアイメイクは引き続きシンプル傾向。グラデーションにすると古くさく見えてしまうので、今っぽい色を一色、ポイントに使うのがオススメです。今年のトレンドやレンガ色のような赤みのあるブラウンやボルドー。目元に赤みのあるカラーを持ってくるとグッとおしゃれっぽくなる、文字通り“あかぬける”色なんです」(岡野さん・以下全て)

(左から)ビオモイスチュアアイシャドー 8月10日発売 予約受付中!<19 サンスイ>ニュアンスベージュ×モーブブラウン、<18 センレン>ペールピンク×アンバーブラック 各¥3800/MiMC

ミモレ世代のメイクにとっての”赤”の効果は、「赤は“血色”の色でもあり、活力や生命力、色っぽさを表現します。元気そうに見えること、これがミモレ世代のメイクにはとても重要です」。

ファッションとのバランスで考えると、「薄着になる夏は、目元はシャンパンゴールドなどで軽やかにして、口元を赤リップで締めるのがオススメでした。ニットやレザーなど服に厚みが出てくる秋冬には、目元に赤みを持ってきて、チークや口元の赤みを控えめにしたほうが知的に見えて顔立ちも引き立ちます。ボルドーは、黒より抜け感があり優しいニュアンスもあるので、レザーやミリタリージャケットなどハードなアイテムと合わせても程よい女っぽさをプラス!」

ミモレがチェックした秋冬展示会でも
ハードなアイテム×ボルドーが頻出!

  • 「アクアガール」の2016AWは、モダン&ヴィンテージがテーマ。トレンドのライダースジャケットにクラシカルなボルドーのセットアップを合わせて。
  • 「デミルクス・ビームス」の展示会では、様々な黒レザーのライダースの着こなしを提案。ボルドーのキャミワンピにシャツをインに。
  • 「エルフォーブル」ではキルティングのカジュアルなアウターにボルドーのプリーツスカートを合わせて(写真右奥)。

 

☆Okano’s Make-up Idea☆
大人気!MiMCのメイクアイテムで今年顔をつくるなら
  • 左側のピンク色のシャドーをアイホールから眉下にぼかし、右のボルドーはアイラインのように細く入れてもよし、二重幅までぼかしてもOK。目尻側だけに少しはみ出すくらいに入れてもおしゃれ! ビオモイスチュアアイシャドー <18 センレン>ペールピンク×アンバーブラック¥3800/MiMC
  • ボルドーのアイラインは、ボルドーのシャドーと重ねて目のキワに足すだけ。失敗知らずで、いつものメイクに色っぽさがプラスされます。黒いアイラインより洗練されたイメージに。ベージュの方のラインは、目の下に入れると目元が膨張して大きく見えます。ミネラルアイライナー <04 ボルドー>、<03 ベージュ> 各¥2800/MiMC
  • 目元に赤を効かせた分、チークとリップはナチュラルに。チークは、頬の1番高いところから頬骨にそって外側にしっかりとぼかす。ココにチーク入れました!とわからないくらいにぼかすのがポイント。自然な血色感と高揚感を演出してくれるはず。このチーク、先ほど入れたアイシャドーの上から、眼球の膨らみのあたりちょんとのせるのもオススメ。目元に色っぽい憂いを演出してくれます。最後に潤い感たっぷりのグロスで口元にツヤを。ミネラルクリーミーチーク<08 フロストピンク>¥3300、ミネラルハニーグロス<114 プリズムピンク>¥3200/MiMC 8月10日発売 予約受付中!


いかがでしたか? 秋冬のコーディネートとメイクの計画のご参考になさってくださいね。

掲載商品はオンラインストアでもお買い求めいただけます。
MiMCオンラインストアはこちら>>>

提供/MiMC(エムアイエムシー) tel. 03-6421-4211

岡野瑞恵さん

1969年出まれ。1992年より大手化粧品メーカーでのヘア&メイクを経て、2005年よりフリーとして活動。 確かな理論とトレンド感のあるメイクで、女優、タレントからの指名も多く 雑誌・広告・TVなど、第一線で活躍中。ミモレの看板コラム「キレイ手帖」を更新中。

撮影・文/川端里恵(編集部)