2016.11.16

うつわ選びは悩ましく奥深い

こんにちは、編集・川端です。最近買ったうつわとお店を書き留め、ご紹介したいと思います。

前回のブログで笠間&益子に焼き物を買いにと書いたものの沢山見たのに選んだのは1種だけ。うつわってどれもこれも素敵に見えて、どれを買ったらいいか決められないのです(汗)。

笠間で選んだのはこちら。白地に黒い目地がある。モダンなので、焼き魚でもナポリタンでも合うかなと。
笠間の「回廊ギャラリー門は私の両親のお気に入りのお店。行くと必ず欲しいものがあります。中庭も素敵!

先週末は、福岡に遊びに行っていました。夫も私も結婚前から追っかけをしているPerfumeのライブツアー最終日が福岡ヤフオク!ドームだったのです。よってヤフオク!ドームを起点に、博多→唐津→有田→武雄→嬉野と巡ってまた博多へ。温泉もさることながら、唐津焼、有田焼、波佐見焼、吉田焼、伊万里焼と焼き物の見どころも満載! どれも素敵でどれを買ったらいいかわかならい。 

唐津の「ギャラリー一番館で買ったのは、伊万里で作陶する吉永サダムさんによる粉引のお茶碗と黒唐津のデザート皿。
鏡山の麓にある「赤水窯」。熊本千治さんとその息子・象さんの作品が並ぶ。展示の仕方も素敵でだらだらうろうろしちゃいました。
赤水窯では、息子のほうの熊本象さんの正方形の七寸皿を購入。
さっそく焼きそばに。もやし焼きそばも普段の10倍美味しい。ってこんな使い方でいいのか、盛りが多すぎますね(汗)。食べ物の中で私一番好きなのがお好み焼き、二番目が焼きそばなのです。焼きもの好きにはちがいない!

お洋服の3000円に比べて、うつわの3000円はすごく悩みますね。そしてだいたい買わないで帰って、やっぱりあれ買えばよかったかも……と思ったります。皆さんはどうですか? 「なに焼」が好き、とかありますか? 土の色、釉薬の色、温度、風土、染付など、各地の特徴を少しづつ勉強し、面白くなってきたとこです。

すみません、また本の話じゃなくなっちゃいました。最近買ったのはこちら。

伊藤まさこさんの『夕方5時からお酒とごはん』。垂涎のお酒のともがいっぱい出てきます。あと、それぞれ盛り付けてあるうつわがいちいち素晴らしい!! 舐めるように見る本です。

 

小説の紹介はまた次回必ず! ではではまた〜。