おしゃれ仕事服の大正解3 「元金融勤務 スタイリスト川上さやかpresents スーツ派の仕事服をリフレッシュ」

2017.6.12
3

キャリアカウンセラー 露木典枝さんの場合
「インナーに変化が欲しい」「休日も着まわしたい」を叶えるのは

今回、お仕事服をリフレッシュするのは、キャリアカウンセラーの露木典枝さん。転職希望者との面談、服装指導などもしているため、自身も“ツッコミどころのない”お仕事服が重要で、スーツスタイルがほとんど。「毎日着るからこそ、制約がある中でも着こなしに変化をつけたい」と露木さんは言います。そんな彼女のために、ご自身も金融勤務をされていた人気スタイリストの川上さやかさんが、スーツに幅広く着こなすコツをレクチャーしてくれました。

Style01. ネイビーのワントーンを
ベルトとボタンつきインナーで一新

  •  
  •  

清涼感と抜けを作る白を、靴やバッグでプラス。甲深なチャンキーヒールを選んで、さりげなく今っぽい足元に。ジャケット¥24000、パンツ¥16000/アンタイトル ニット¥15000/スピック&スパン(スピック&スパン ルミネ有楽町店) ベルト¥39000/ジェイアンドエム デヴィッドソン(ジェイアンドエム デヴィッドソン 青山店) ピアス¥43000/ウノアエレ(ウノアエレ ジャパン) ネックレス¥23000、バングル¥54000/ココシュニック バッグ¥78000/フルラ(フルラ ジャパン) 靴¥37000/ルチェンティ(ゲストリスト)

SAYAKA’Sコメント

「ジャケットにシャツだと面談する転職者と変わらなくなるので、基本はプレーンなブラウス」と露木さんがおっしゃっていたので、今回は変化をつけるため、リブニットを選んでみました。リズムのある大きなボタンがアクセントになり、ワントーンコーデでも地味になりません。艶やかなジャケットと、中に着たニットのリブの質感の違いも新鮮な着こなしの秘訣です。

スーツスタイルのときは
ベルト選びが重要です!

コーディネートに抜けを作るシルバーの細ベルトは、白感覚で幅広く使えます。ジャケットと一緒に使うと、ほとんど見えていませんが、実はスタッズつきのベルト。オンオフどちらでも着こなしのアクセントになってくれる優秀な1本です。

パンツスーツをおしゃれに見せるコツはベルト使い。ベルトをすることでコーディネートが引き締まるし、ウエストマークされるので、脚長に見える効果も。シャープな細めを選ぶことがおしゃれに見せるコツです。

\これもおすすめ/

左)金具がポイントに。ベルト¥6900/リエス(リエス)  右)フェミニンな装いにも使える留め具が丸カンタイプのベルト。ベルト¥13000/アンボワーズ(スピック&スパン ルミネ有楽町店) 下)コーディネートのスパイスになるパイソン柄。ベルト¥3990/プラステ

 

Style02. [着まわし]旬ボトム&
ブラウスで見違える!

  •  

ジャケット以外をすべて白&ベージュでまとめることで、初夏にふさわしい涼感のあるコーディネートに。ジャケット/Style.01と同じ ブラウス¥26000/セオリー パンツ¥22000/ルフトローブ ピアス¥40000/ココシュニック バングル¥7000/ワンエーアールバイウノアエレ(ウノアエレ ジャパン)  時計¥63000/サントノーレ(栄光時計) バッグ¥43000/オルセット(オルサ) 靴¥25000/メダ(モード・エ・ジャコモ) 

SAYAKA’Sコメント

ネイビーのワントーンでシックに着ていたジャケットも、合わせ次第で印象は変えられます。白やベージュを合わせれば爽やかさになり、そのうえでジャケットのネイビーの知的な雰囲気も際立ちます。

艶やかブラウスとハイウエストボトムは
単品でも着まわし力高し!

ブラウスとパンツという何気ないコーディネートも、パンツをハイウエストにするだけで、鮮度の高い着こなしに。

パンツのポケットやブラウスの衿元のデザインが効いているので、ジャケットを脱いだときもコーディネートに物足りなさがありません。シルエットや色はシンプルなので、着まわし力もあり、毎日のお仕事コーディネートを支えてくれる逸品です。

\他のおすすめアイテムはこれ!/

インナーでスーツの着こなしに変化をつけるなら、ストライプのブラウスもおすすめ。シャツほどかっちりせず、柔らかさがあり、でもストライプのシャープさは味方にできるんです。右)ブラウス¥16000/ラミ(フレームワーク 自由が丘店) 左)ブラウス¥18000/トゥモローランド コレクション(トゥモローランド)
ハイウエストパンツは、ベルトが一体になったものも、さっとはいただけでコーディネートが完成するので便利です。パンツ¥22000/イプセ

 

Style03. [着まわし]リネンボトムとサッシュベルトが
あれば、お仕事ジャケットも休日仕様に

「スーツを休日仕様で着るにはどうしたらいいか」という悩みは、露木さんを始め、多くの働く女性から編集部に寄せられます。今回、川上さんは提案してくれたのは、リネンスカート合わせ。「カジュアルな素材を合わせることでジャケットも休日っぽい軽快が出るんですね。自分にはない発想でした!」と露木さんも目からウロコが落ちたようでした。

  •  
  •  

ジャケットにミモレ丈のスカートを合わせたら、サッシュベルトでウエストをマークすることでバランスよく着こなせます。Tシャツ¥9000/セオリー スカート¥24000/アンタイトル エッセンシャルクルー ベルト¥2900/クリア インプレッション ピアス¥1900/センスオブプレイス(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店) ブレスレット¥7000/ワンエーアールバイウノアエレ(ウノアエレ ジャパン) バッグ¥115000/ジェイアンドエム デヴィッドソン(ジェイアンドエム デヴィッドソン 青山店) 靴¥39000/チェンバー(エフユーエヌ) 

SAYAKA’Sコメント

カジュアルな素材や柄を合わせるのが、ジャケットをカジュアルダウンする得策。またボーダーTシャツやリネンスカートは、ジャケットを合わせることでラフになりすぎず、きりっとするので、お互いの相乗効果で大人の女性らしい、きちんと感もある休日コーディネートが生まれるんです。

ドレスコードが厳しいオフィスでも着ていける、色合わせや小物使いのさじ加減は、実際に金融勤務をしていたスタイリスト川上さんならでは。今回の特集への感想はもちろん、お仕事服の悩みや疑問、お待ちしております! 

スタイリスト川上さやかさんによる
「スーツ&ジャケット仕事服」の特集一覧はこちら>>

【お問い合わせ先】
アンタイトル tel.03-6324-2642
アンタイトル エッセンシャルクルー tel.03-6324-2642
ウノアエレ ジャパン tel.0120-009-488
栄光時計 tel.03-3837-0783
エフユーエヌ tel.03-3407-3766
オルサ tel.0467-37-0630
クリア インプレッション tel.0120-290-370
ゲストリスト tel.03-6869-6670
ココシュニック tel.03-3497-1309
ジェイアンドエム デヴィッドソン 青山店 tel.03-6427-1810
スピック&スパン ルミネ有楽町店 tel.03-5222-1744
セオリー(リンク・セオリー・ジャパン) tel.03-6865-0206
センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店 tel.03-6433-5548
プラステ(リンク・セオリー・ジャパン) tel.03-6865-0206
フルラ ジャパン tel.0120-951-673
フレームワーク 自由が丘店 tel.03-5701-0374
モード・エ・ジャコモ プレスルーム tel.03-5730-2061
リエス tel.03-3464-3310
ルフトローブ tel.0120-290-370

撮影/目黒智子 スタイリスト/川上さやか 取材・文/幸山梨奈 構成/川良咲子(編集部)