前回、階段の壁に飾っている額に気付いてくださった方がいらっしゃったので、今日は参考までにご紹介させてください。

 

我が家の階段に飾っているのは全てプチプラなものばかり。
アートって、そんな敷居の高いものにしない方が良いと思うのです。気軽に買えて、気軽に変えられて、気軽に楽しむのが一番。いつかとっても気に入ったものが現れたら、高価なものを迎いいれてもいいなとは思っていますが。

1番大きな黒地にアルファベットの書いてある額はFrancfrancのものでアウトレットで3千円くらいで購入しました。
何かを飾りたいけど、何を飾ってよいか分らない時はアルファベットやタイポグラフィーのような英字のものが失敗もなくオススメです。
そしてこちらの額は軽いのもとっても良いのです。思いものは取り付けるのも大変ですから。落ちてきても危ないですしね。

そして、&と3の文字はなんと、発砲スチロール!楽天で購入しました。どこだったかは失念してしまいましたが、こちらも同じくプチプラでした。なんてったって発砲スチロールですからね笑。
&の白い発砲スチロールに壁に塗って余ったネイビーのペンキを塗って、3のほうには白黒ボーダーの余っていた布を3の形に切り取ってボンドで貼りました。

発砲スチロールなのでとにかく軽くて、万が一落ちてきてもケガをする心配もなし。

 

 

小さな額はIKEAのNYTTJAというものなのですが、どうやら現在この大きさのものは販売していないようです。
今ならこちらが近い大きさのようです。
千円しない価格、そして軽い!それがポイント高い。
前面もガラスではなくプラスチックなので落ちて割れる心配もありません。子供さんがいらっしゃるおうちでも安心ですね。

このIKEAの額に世界各国の有名ホテルの復刻ステッカーのシールを入れています。

 


楽天より画像お借りしてます。

かわいい!と思わず買ってしまったものなのですが、こんな形で活用できました。
皆さんもおうちにある「使わないけど可愛くて捨てられない」ものたちを集めて入れてみてはいかがでしょう。素敵な絵ハガキや切手、シール、写真、押し花…可愛いファブリックなんかもいいですね。ただ、写真だけはモノクロにしないとカラーでは主張が強すぎてしまいますのでご注意を。あと、額いっぱいにいれるよりも少し余白をもたせた方が素敵にまとまります。
ちなみに、我が家の洗面所の額には可愛い海外製クロスのサンプルを入れています。

私はこの世界のホテルのシールを剥がさずに入れています。そうすることで、レイアウトを見ながら決められるし、何よりまた使える。貧乏性ですみません。(笑)

同じ形のフレームを数個並べることで一体感が出て、なんだかアートっぽくなります。
これが1個だとアートっぽくなくて、なんだか突然な感じがでてしまいますので、数個並べて飾ることをオススメします。

 

最後に、ちょっとポップな絵が1番下に飾ってありますのは、子供たちが小さいころに描いた絵をお友達がこんな風にしてプレゼントしてくれました。
とっても良い思い出になって素敵なプレゼントに感激しました。小さいころって、落書きのような、なんだかよく分らないけどとっても可愛い絵を描きますよね。
それをグラフィックで取り込んで色をつけて、子供の名前をつけて額に入れてくれるサービスがあるそうなのです。

こんな風に加工したものでなくても、子供の描いた絵をすぐに額に入れて飾ってあげたら子供も嬉しいですよね。

成長と共に絵が変化していくのも見ていて楽しいかも。

我が家の壁のアート、というほど大袈裟なものではありませんが、ポイントは
○気軽に変えたり挑戦できるようにお金をあまりかけないこと
○万が一落ちても床が傷ついたり、人がケガしたりしないような軽くて割れない素材であること
○同じような形のものをいくつかを並べること テイストを揃えると尚よし
こんな感じです。ペイントはハードル高いけど、これなら!って方はぜひプチプラから試してみてください。ちょっとしたことで暮らしは楽しくなりますよ。