可奈子さんからの質問
Q.
洗顔方法を変えただけで肌の調子がよくなると聞きました。正しい洗顔法というのがあれば教えてください。
花王 PR・川上直美さんの回答
A.
乾燥が気になる、mi-mollet世代。「潤いを守りながらの洗顔」をオススメします。

40代になると一気に「肌が乾く」「脂分が足りない」などといった症状を感じることはありませんか? 年齢を重ねると、ホルモンバランスの変化にともなう代謝低下がおこり、保湿にかかわる皮脂膜機能が低下、つまり肌が乾燥します。 乾燥はエイジングを加速させてしまう“やっかい”な肌トラブル。スキンケアの第1ステップ“洗う、エイジングケア*”で、肌を守っていきましょう。
 
ここでオススメするのは、花王ソフィーナの「クッション泡洗顔料」。美容液成分を配合した弾力のある泡で、肌に負担をかけず洗顔していきます。独自洗浄技術(SPT)により、ハリ感のカギとなる「肌本来のうるおい」を守りながら汚れを集中的に浮かせて落とすため、洗い上がりはもっちりとしたハリ感のある肌に。

ソフィーナ クッション泡洗顔料(泡立てネット付き) 120g ¥1800(税別・編集部調べ)/花王
お問い合わせ先:花王ソフィーナ 0120-165-691 

 

■朝の水・お湯だけ洗顔は、実はmi-mollet世代にはNGだった!

「肌が乾燥するから……」という理由で、朝の洗顔を“水やお湯だけで洗う”という方が非常に多いんです。実際、40代の女性の36%(2014年9月花王調査)が何も使っていない状況です。
しかし、これは大きな間違い! 寝ている間にも皮脂は出ていて、朝の肌は思った以上に汚れています。皮脂の一部は変化して、肌への刺激になって肌荒れや毛穴の目立ちなどの原因に繋がります。皮脂汚れは水やお湯だけでは落ちにくいため、キレイな肌を保つためには洗顔料を使ってください。

<ここで簡単な洗顔方法を伝授!>
ポイントはふっくら弾力のある泡です。泡立てネットでモコモコの泡をつくってから、やさしく洗顔してください。

●    肌に触れるのは泡。手でゴシゴシこすらないように
●    泡をコロコロとやさしく転がしましょう
●    泡の力でリンパの流れにそって押し上げ、リフトアップ効果を目指しましょう。

 

毎日のお手入れをほんの少し見直して、今日から“洗う、エイジングケア*”を始めてみてください。

*年齢に応じた、潤いのお手入れ

 

PROFILE
  • 川上直美さん・花王 商品広報 ビューティケア担当1992年花王入社。役員秘書、ヘアスタイリング剤のマーケティングを経て、化粧品PRに従事。素肌の美しさへのこだわりは人一倍。美肌を目指しています!