marichanさんからの質問
 
Q.
春にぴったりのアイメイクを教えてください。カラーもののアイシャドウやアイライナーを大人でもかわいく見せる技があれば教えてほしいです。
RMK メイクアップアーティスト・山川和芳さんの回答
A.
RMKの春のメイクは「ピンクレッド」がオススメ。ポイントをわかっていれば、今までと違う雰囲気のメイクに仕上がります。

目元にふんわりとやさしいパステルカラーを持ってくるだけで、一気に春の装いに。ピンクやレッドは腫れぼったくなると敬遠されがちですが、肌もイキイキと見えるし、洗練された仕上がりに。

 


●まずは、くすみのでやすい目元のケアから始めましょう。コンシーラーや目元専用のベースカラーなどで整えましょう。この作業を怠るとせっかくのキレイな色がにごってしまうので注意!

●まぶたに使用するカラーは、オレンジとゴールドピンクの2色。
まずは、オレンジ(10)でふわっとアイホール全体から眉下まで入れます。オレンジは日本人の肌になじみやすく、くすみも目立たせないので、ミモレ世代にオススメのカラーです。ふんわり入れることで、目元の印象が明るくなるし、目の丸みも活かされ、自然な立体感がつくれます。

その上にやわらかなピンク(09)をアイホールに少し重ねることで、オレンジとピンクがブレンドされ、大人の上品な目元に。

「RMK インジーニアス パウダーアイズ N 」10 「RMK インジーニアス パウダーアイズ N 」09  \2200(税別)/RMK Division

●次はマスカラでアクセントを。ブラック×ピンクの「Wカラーマスカラ」で、上まつ毛はシンプルに黒で引き締め、目尻にアクセントでピンクを入れます。目尻に色を乗せるだけで、女性らしい大人の色っぽさが出るんですよ。目元に変化をつけたいときなどにオススメです。

「RMK Wカラーマスカラ 」01 \4000(税
別)/RMK Division

●チークは肌に血色感を与えるコーラルをチョイスしてツヤを出します。つける場所ですが、頬骨の下からチークボーンに沿って、幅広になじませます。

「RMKインジーニアス パウダーチークス N」 06  \3000(税別)/RMK Division

●リップは見たままの発色をかなえる「イレジスティブル ブライトリップス」を。直塗りしてもキレイに発色します。

「RMK イレジスティブル ブライトリップス」02 \3000(税別) 
2015年5月1日発売/RMK Division


お問い合わせ先:RMK Division tel.0120-988-271
ピンクレッドでまとめたメイクで春の装いが完成! ぜひ、試してみてください。

PROFILE
  • 山川 和芳さん・RMK 専属アーティストRMK歴16年。その人のチャームポイントを素早くつかみ、引き出すことのできるスペシャリスト。気品ある上品なメイクを得意とする人気アーティスト。


■明日はチーム mi-mollet 岡野瑞恵さんが回答します。