ここももこさんからの質問
Q.
寒い時期に外出すると鼻先が真っ赤になります。メイクでうまく隠す方法を教えてください。
チームmi-mollet 長谷川真弓の回答
A.
鼻の赤み対策、ある限り探ってみました!

ここももこさんのお悩みをどのようにお答えしようか……ここ2週間くらい、あーでもない、こーでもないと考えておりました。

少しおさらいです。
鼻先が赤くなる、という症状には、実はいろいろな原因があります。たとえば、顔をゴシゴシ洗ったり、スクラブやマスクなど肌への負担が多いときなどがそれに当たります。
他には、過度な日やけでも赤くなりますよね。頬の高いところや鼻筋、額など、高いところはどうしても目立ってしまいます。
その他、皮膚アレルギーなどでも部分的に赤くなることはあります。

ですが、今回のお悩みはこれらに該当しません。
寒い時に外出すると……という前提でおこる症状は、温度差による毛細血管の拡張かな、と思います。簡単にいうと、温かい室内から外に出ると血管が拡張し、皮膚の薄い鼻や頬に赤みが透けて見えるというわけです。

個人差はあっても誰でもおこる自然現象(からだの仕組み)ですし、時間が経てば赤みの症状は和らぎます。「気にしない!」ことが一番なのですが(笑)、やっぱり気になってしまうんですよね。

唯一アドバイスできるとしたら、
① なるべく温度差のない環境づくりをする
② 外出する際は、口元を覆うマフラーやストールなどの防寒対策

を心掛けてみてください。

次に「メイクで隠す方法」についてもいくつか洗い出してみました。

<ファンデーションやパウダーで隠す>
という意見もありますが、顔のパーツで一番目立つ「鼻」を厚塗りすると、かえって悪目立ちしてしまうと思います。
それよりも気をつけてもらいたいのは、化粧崩れや塗りムラ。ファンデーションの塗りムラがあったりすると、余計赤みが目立つということがあるかもしれませんね。厚塗り同様、清潔感のない顔立ちにならないよう、気をつけてください。

<コンシーラーで隠す>
だったら、コンシーラーはどぉ? なんて聞こえてきそうですが、ファンデーション同様、厚塗りは控えたほうがよろしいかと。

<コントロールカラーは?>
ファンデーションの前にコントロールカラーを仕込むというのは「アリ」だと思います。
赤みを消すならグリーンの化粧下地はいかがでしょうか? それこそ20年前はコントロールカラーを使用している人なんてごくごく少数でしたが、今は各ブランドからたくさん登場していますよね。使ってみると本当に便利なんですよ。

肌なじみの良さ、カバリング機能、化粧持ちの良さに定評のある、カネボウ化粧品の「media(メディア)」の化粧下地は、赤みやくすみ、目の下のクマ対策などオールマイティーに活躍するおすすめアイテムです。
赤みを目立たなくしながら、かつ健康的にカバーしたい場合は、オレンジ色のコントロールカラーを。

大人のたるみ毛穴を目立たなくする効果も! グリーンとオレンジの2色展開 メディア メイクアップベースS 全2色 ¥750(税別)/カネボウ化粧品 お問い合わせ先/カネボウ化粧品 tel. 0120−518−520