kiko♪さんからの質問
Q.
生理時にデリケートゾーンのにおいが気になります。入浴時は石鹸で洗い、紙ナプキンを替える時はトイレットペーパーで拭いています。自分でもにおうので周囲に気づかれてないか心配です。どうすればにおいを消すことができるのでしょうか?
サンルイ・インターナッショナル代表・植物療法士/森田敦子さんさんの回答
A.
専用のアイテムで洗うことをおすすめします。

デリケートゾーンのにおいは、特に大陰唇と小陰唇の間に溜まりやすい「恥垢(ちこう)」が原因です。尿や精液、尿道球腺液やバルトリン腺などの分泌物が乾燥したもので個人差がありますが、さらっとしたものというよりは少し粘り気があり、お湯だけでは流れませんし、においも残ったまま。
そこで、デリケートゾーンケアのお手入れ方法をご紹介します。

【入浴時】
必ずデリケートゾーン専用のウォッシュで洗いましょう。先ほどもお伝えしましたが、お湯では特殊な他の体のパーツと違う特殊な「恥垢」を落としきれません。
また、ボディソープや石鹸では刺激が強いので、必ず専用のものを。

大陰唇と小陰唇の間に溜まっているので、自分でヒダを開いてしっかり洗うことが大切です。また、忘れがちですが肛門もたくさんのヒダの間に汚れが溜まっていますので、指で綺麗に洗いましょう。

【トイレ】
ウォシュレットを使って汚れを落とすこともできますが、できればデリケートゾーン用の拭き取りシートを使うとなお良しです! デリケートゾーンのにおいやかゆみの症状がある方は、トイレでこまめに優しく拭いてケアしましょう。

アンティームオーガニックの「フェミニン ウォッシュ」がおすすめです。専用ウォッシュで洗った後は保湿もしっかりと。黒ずみが気になる方には、ホワイトクリームがおすすめです。

しっかりと泡立てた後、優しく包み込むように洗います。

アンティーム フェミニン ウォッシュ ¥2000(税別)/アンティームオーガニック

また、外出時でにおいが気になったときのケア法ですが、携帯に便利なハイジーンシートがおすすめです。香りも良く、また使用後はトイレにそのまま流せるのも助かりますね。

肌にやさしいフィトテラピー処方。 アンティーム ハイジーンシート 12枚入り ¥1500(税別)/アンティーム お問い合わせ先/アンティームオーガニック tel. 0120-550-626

また、毛があると蒸れやすく匂いやかゆみの原因にもなりやすいです。まずはVIOラインの脱毛をして、洗ったり拭いたりしやすい状況に整えることも大切です。今はデリケートゾーンの脱毛をしている方もどんどん増えていますし、恥ずかしがらずケアされることをおすすめします。 

PROFILE
  • 森田敦子さん/サンルイ・インターナッショナル代表・植物療法士大学卒業後、仕事に就くが体調を崩しその治療として植物療法に出会う。フランス国立パリ13大学で植物薬理学を本格的に学び、会社を設立。AMPP認定・植物療法専門校「ルボア フィトテラピースクール」を主宰。