chi-koさんからの質問
Q. いつも自分の話にもっていってしまう同僚。
どう伝えたら改善してもらえますか?

社内の同じチームの人間関係に関して質問です。会話していると、最後は必ずと言っていいほど自分の話に持っていってしまいまう人がいます。毎回そうなるので、会話もストレスとなっているのです。他の人に相談しましたが、注意しても直るのは一時的で、まず変わりません。それとなく、でもきちんとやめてもらえるよう伝えられたらと思いますが。何か良い方法はありませんでしょうか?(50歳)

特別ゲスト 佐々木圭一さんの回答
A. 相手のコミュニケーション力の高さを
否定するのではなく認めてあげることがポイントです。

会社での人間関係って大変ですよね。私もかつて会社員でしたので、よく分かります。
ストレートに

×「少しはみんなの話を聞いて!」

と言ってしまうと、人間関係が悪くなってしまいそうですよね。そこで、こう言ってみるのがオススメです。

「◆◆さんはコミュニケーション力が高いから、チームのみんなの聞き役になってもらえないかな? なかなか自分から話せない人もいるから、◆◆さんがフォローしてくれたら上手く回るようになると思うんだ」

これは、「認められたい欲」を刺激するという伝え方の技術を使っています。「人は期待されるとその通りの結果を出そうとする」という性質を利用したものです。きっとその方も、「コミュニケーション力が高い」という自分の良い部分を認めてもらえて、さらに「フォローしてくれたら上手く回る」と期待をかけられれば、みんなの話を聞こうという気持ちになれると思います。是非試してみてください!
 

PROFILE
  • 佐々木圭一(ささきけいいち)コピーライター、上智大学非常勤講師。博報堂を経て(株)ウゴカスを設立。博報堂入社後、コピーライターの部署に配属されるものの、伝えることが得意でなく、ストレスから1年で15%の体重増に。そこから、伝えることには技術があると発見、人生が変わったという経験を持つ。その技術を綴った著書『伝え方が9割』(ダイヤモンド社)はベストセラーに。他に『伝え方が9割2』『まんがでわかる 伝え方が9割』がある。 この人の回答一覧を見る
 取材・文/山本奈緒子 

 

ライフスタイルのお悩み回答者一覧